ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス(別ウィンドウ)
キレイライフプラス 無料会員登録・ログインはこちら!(別ウィンドウ)
おトク!あんしん!快適!オール電化とは?詳しくはこちら(別ウィンドウ)
九電Web明細サービス
新規登録(別ウィンドウ)
会員ログイン(別ウィンドウ)
ガスも九電
MENU CLOSE

文字サイズ

カーボンニュートラルビジョン2050

  • このリンクをシェア
  • ツイート

電源の低・脱炭素化(供給側)

ゼロエミッション電源比率を更に高めるなど、CO2排出「実質ゼロ」の電気を安定的に供給します

  • 再エネの導入拡大や原子力発電の安全・安定運転等により、当社のゼロエミ・FIT電源比率(注)は約6割(2019年度)であり、国内のトップランナーです。
過去5年間の投資総額(2016年度~2020年度):約8,000億円

(注)FIT電気は非化石証書を使用していない場合、再生可能エネルギーとしての価値やCO2ゼロエミッション電源としての価値は有さず、火力電源などを含めた全国平均の電気のCO2排出量を持った電気として扱われます。
なお、FIT電源に由来する非化石価値について、約8%相当(エネルギー供給構造高度化法上の達成計画における数値)が当社に帰属しています。
当社が発電した電力量及び他社から調達した電力量を基に算定しています(離島分を含みません)。


  • ゼロエミッション電源比率を更に高めるなど、電源の脱炭素化の早期実現を目指します。

今後5年間の投資総額(2021~2025年度):約5,000億円

主な取組み

    • グループ大での開発推進等による再エネの主力電源化
    • 安全最優先と地域の皆さまのご理解を前提とした、将来にわたる原子力の最大限の活用
    • 火力発電の更なる高効率化と新技術(水素・アンモニア等)の適用により、火力のCO2排出「実質ゼロ」を実現
電源の低・脱炭素化のイメージ

再エネの主力電源化(再エネ+蓄電)

  • 九電グループの強みである地熱水力の開発に加え、バイオマスや導入ポテンシャルが大きい洋上風力の開発を推進します。
    〔国内外における再エネ開発量:2025年400万kW、2030年500万kW〕
  • 火力発電の柔軟な運用や揚水発電所による蓄電等により、再エネの最大限の受入に貢献します。
  • FITによる買取期間が終了した卒FIT電源や蓄電池、EV等、分散型エネルギーリソースの統合制御技術を確立し、アグリゲーション・ビジネスを展開します。

再生可能エネルギー開発(2020年度末実績)

再生可能エネルギー開発(2020年度末実績)の図

響灘沖の洋上風力発電(開発イメージ)

響灘沖の洋上風力発電(開発イメージ)の図

分散型エネルギーリソースの統合制御技術

分散型エネルギーリソースの統合制御技術の図

原子力の最大限の活用(原子力)

  • 原子力は、エネルギー密度が高く、発電時にCO2を排出せず、天候・気候に左右されない安定的な電源です(注1)
  • 安全最優先と地域の皆さまのご理解を前提として既設炉の設備利用率の向上に取り組むなど、最大限活用します。
  • 将来的には、安全性に優れた、次世代軽水炉SMR(注2)高温ガス炉等、次世代原子炉や、水素製造への原子力エネルギーの活用を検討します。

(注1)原子力発電によって生じる使用済燃料を再処理した際に発生する高レベル放射性廃棄物については、最終的に地下深く安定した地層に処分される方針です

(注2)Small Modular Reactor:小型モジュール炉

SMR(小型モジュール炉)

SMR(小型モジュール炉)のイメージ
  • 事故時に外部電源を要しない静的安全システム
  • 炉内自然循環冷却+蒸気発生器内蔵の一体型原子炉
    ➡冷却材喪失等の事故発生を原理的に排除

プラント鳥観図

プラント鳥観図のイメージ

原子炉断面図

原子炉断面図のイメージ

(画像提供)三菱重工業株式会社

高温ガス炉+水素製造(イメージ)

高温ガス炉+水素製造(イメージ)
  • 耐熱性に優れる黒鉛炉心/セラミック被覆燃料と、高温でも安定なヘリウムガス冷却材
    ➡高温熱利用により、発電以外の水素製造等に活用可能
  • 炉外の空気自然循環・放熱による炉心冷却
    ➡冷却材が喪失しても炉心損傷に至らない

(画像提供)三菱重工業株式会社

火力のCO2排出「実質ゼロ」(火力+新技術等)

  • 火力発電については、引き続き、更なる高効率化に取り組みます。
  • 供給力やエネルギー供給コスト、立地地域の事情等を勘案し、非効率石炭火力の2030年までのフェードアウトを目指します。
  • 再エネ余剰電力を活用したCO2フリー水素・アンモニアの製造混焼を検討し、将来的には、混焼率の向上、専焼化を目指します。
    また、水素・アンモニアの調達等、サプライチェーンの構築を検討します。
  • CCUS(注)/カーボンリサイクルの技術適用、森林吸収やクレジット活用等についても検討します。

(注)Carbon dioxide Capture, Utilization and Storage:CO2回収・有効利用・貯留

水素・アンモニア製造・混焼

水素・アンモニア製造・混焼の図

CCUS/カーボンリサイクル

CCUS/カーボンリサイクルの図

森林吸収〔九州林産:九電グループ〕

適正な森林管理によるCO2吸収

社有林「山下池山林(大分県)」

  • 九州電力社有林面積:4,447ヘクタール(PayPayドーム630個相当)
  • 管理本数(2019年度末):421万本(人工林のみ)
  • CO2固定量(2019年度):129.5万トン
    〔カーボンニュートラルへの寄与〕