ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

企業・IR情報

  • このリンクをシェア
  • ツイート

大田発電所(水力)

大田発電所

大田発電所の歴史

明治41年(1908年)島津家の自家用発電所として建設され、15km離れた串木野神岡鉱山に送電していた。(当時の最大出力:250kW)

昭和3年(1928年) 日本水電株式会社に引き継がれる。
昭和17年(1942年) 九州配電株式会社に引き継がれる。
昭和26年(1951年) 九州電力株式会社に引き継がれる。
平成17年(2005年) 土木学会選奨土木遺産として登録される。
平成20年(2008年) 「登録有形文化財(建造物)」として登録される。

大田発電所の概要

発電所別 水力発電所
所在地 日置市伊集院町
河川名 神之川水系 神之川
使用開始日 明治41年10月15日
最大出力(kW) 550
最大使用水量(m3/s) 3.62
最大有効落差(m) 19.96
水車型式 横軸フランシス型

建物の概要

構造・階数 石造・2階建て
屋根形式 木造小屋組 瓦葺き
外壁 モルタル塗り リシン吹付け
延べ面積 201m2
特徴 切妻屋根の母屋(おもや)に六角形の塔が接続する全国的に見ても特異な構成であり、妻部には島津家の家紋である「くつわ紋」(丸に十の字)が施されている。