ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

企業・IR情報

  • このリンクをシェア
  • ツイート

山川発電所(地熱)

山川発電所-外観

地図

 火力発電は石油などを燃やして蒸気を作りますが、地熱発電は、化石燃料を全く使わず、地下から取り出した蒸気を利用するクリーンな発電方式です。
 火力発電のボイラーの役割を地球が果たしているのです。地下の岩盤の中に閉じこめられ、マグマの熱で高い温度になっている地下水を蒸気井で取り出して発電に使います。蒸気を取り出した残りの熱水は、再び地下に戻します。
 このように地熱発電は、地熱という自然の力を利用した発電方式で、国内の資源を有効に活用しているのです。

地熱発電のしくみ
地熱発電のしくみ

設備案内図

設計案内図イラスト

地熱発電の流れ
蒸気井 A蒸気井
地下深部の地熱貯留槽から蒸気と熱水を取り出すための井戸です。この蒸気でタービンを回し発電します
二相流体輸送管 B二相流体輸送管
蒸気と熱水が混じっている流体(二相流体)を蒸気井から気水分離器へ送る管です。
気水分離器 C気水分離器
蒸気井から二相流体輸送管を通ってきた蒸気と熱水混じりの流体を、蒸気と熱水に分離する装置です。分離された蒸気はタービンへ、残りの熱水は、還元井により、再び地下へ戻します。
タービン・発電機 Dタービン・発電機
タービンは、発電機を回すための羽根車で、蒸気の力で回る風車のようなものです。1分間に3,600回転で発電機を回し、電気を作ります。
冷却塔 E冷却塔
復水器でできた温水を冷却させる装置です。この冷却水は復水器に送られて蒸気を冷却するために再び使用されます。

効率的な運用をはかるために

 山川発電所は、約80km離れた川内発電所から、各種通信装置を用いて、発電機出力・タービン回転数など、運転状況の監視を行っています。
 この遠隔常時監視方式の採用により、山川発電所と川内発電所の総合的かつ効率的な運用をはかることができます。