ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

企業・IR情報

  • このリンクをシェア
  • ツイート

さが電気の歴史展-電気のはじまりとこれから-

肥前さが幕末維新博覧会、佐賀さいこう博 150th ANNIVERSARY、2018年3月17日(土曜日)~2019年1月14日(祝・月曜日)、さが電気の歴史展 電気のはじまりとこれから

日本の近代化が加速していた明治30年頃、佐賀を中心とした北部九州の近代化を夢見た実業家たちがいた。
資金集めや大規模な工事に苦労しながら、明治41年、当時で九州最大規模の出力の広滝水力発電所が脊振村に完成。
現在の佐賀市や神埼町を中心に8,000灯を超える電気を灯した。

さが電気の歴史展-電気のはじまりとこれから-

現在も現役で電気を灯し続けている広滝水力発電所の建設をめぐる物語のほか、時代とともに移り変わる社会情勢とエネルギーの歴史を伝えるパネル展を開催。

開催期間 平成30年3月15日~平成31年1月14日
平日のみ 9時~17時
春休み期間(3月17日~4月5日)は土日もオープン!
開催場所 九州電力株式会社 佐賀支社 2階 特別展示場
佐賀市神野東2丁目3-6
お問い合わせ先 九州電力株式会社 佐賀支社 企画・総務部
地域ネットワークグループ
電話番号:0952-33-1257(平日9時~17時)
広滝水力発電所 建設物語のイメージ

佐賀県の家庭に初めて電気を灯した広滝水力発電所の建設物語をマンガで展示!
お子さまにも分かりやすくなっています!

親子向け発電所見学会

普段は見ることができない水力発電所の見学会を開催!
水の力で電気が生まれる様子を間近で見学できます。

第1弾!サクラ満開の広滝水力発電所

明治時代にできたレンガ造りの発電所。
今なお動き続ける、電気のふるさとを見学してみませんか?

桜もキレイな季節です。お花見も兼ねて、ぜひご家族でお申込みください!

開催日時

平成30年3月31日(土曜日)、4月1日(日曜日)

  • 午前の部:9時30分~12時00分
  • 午後の部:12時30分~15時30分
お花見弁当付
集合場所 高取山公園 駐車場(神埼市脊振町広滝1472別ウィンドウ
参加費 無料(お弁当付き)
定員 各回50名(先着お申込み順)
お申込み方法

必要事項を記入の上、3月23日(金曜日)までにメールでお申込みください。

  • 必要事項
    • 参加者全員の(1)氏名、(2)年齢
    • 代表者の(3)住所、(4)電話番号
    • (5)参加希望日(午前・午後含む)

見学コース(約2時間)

普段は見ることができない発電所内部などを見学して、電気ができるまでの道すじを探検しよう!
(注)貸切バスと徒歩での見学となりますが、コースのごく一部に階段があります。
(注)雨天時は見学地点を縮小して実施します。

開催日時
  • 午前の部
    受付:9時30分~
    出発:10時00分
    到着:12時00分(弁当配布後解散)
  • 午後の部
    受付:12時30分~(弁当配布・昼食)
    出発:13時30分
    到着:15時30分(解散)
  • (1)取水口 川の水を水路に導く入り口で流木やゴミを取り除きます 取水口の写真
  • (2)水路 取水口から発電所まで水を届けます(全長 約2,700メートル) 水路の写真
  • (3)水圧鉄管 高いところに溜めた水を発電所の水車に一気に流します 水圧鉄管の写真

(4)発電所
水圧鉄管を流れてきた水の勢いで水車を回して発電します

  • 発電所の写真
  • 発電所の写真
  • 発電所の写真