ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

企業・IR情報

  • このリンクをシェア
  • ツイート

さが電気の歴史展-電気のはじまりとこれから-

肥前さが幕末維新博覧会、佐賀さいこう博 150th ANNIVERSARY、2018年3月17日(土曜日)~2019年1月14日(祝・月曜日)、さが電気の歴史展 電気のはじまりとこれから

日本の近代化が加速していた明治30年頃、佐賀を中心とした北部九州の近代化を夢見た実業家たちがいた。
資金集めや大規模な工事に苦労しながら、明治41年、当時で九州最大規模の出力の広滝水力発電所が脊振村に完成。
現在の佐賀市や神埼町を中心に8,000灯を超える電気を灯した。

さが電気の歴史展-電気のはじまりとこれから-

現在も現役で電気を灯し続けている広滝水力発電所の建設をめぐる物語のほか、時代とともに移り変わる社会情勢とエネルギーの歴史を伝えるパネル展を開催。

開催期間 平成30年3月15日~平成31年1月14日
平日のみ 9時~17時
開催場所 九州電力株式会社 佐賀支社 2階 特別展示場
佐賀市神野東2丁目3-6
お問い合わせ先 九州電力株式会社 佐賀支社 企画・総務部
地域ネットワークグループ
電話番号:0952-33-1257(平日9時~17時)
広滝水力発電所 建設物語のイメージ
佐賀県の家庭に初めて電気を灯した広滝水力発電所の建設物語をマンガで展示!
お子さまにも分かりやすくなっています!
みらいくんのイメージ
  • パネル展の写真
  • パネル展の写真
  • VR体験の写真

親子向け発電所見学会

普段は見ることができない水力発電所の見学会を開催!
水の力で電気が生まれる様子を間近で見学できます。

第4弾!広滝発電所見学ツアー

広滝第一発電所は、明治41年に建設された九州で7番目に古い発電所です。約157万個のレンガで造られた美しい外観を残しつつ、現在も最大で2,150キロワット(約3,300世帯分)の電気をつくっています。
前回は桜が咲き誇る中での見学会(第1弾を参照ください)で、多くの皆さまにご参加いただきましたが、今回はイチョウが色づき始める季節の開催です。
普段は一般公開しておらず、大変貴重な機会となっていますので、ぜひご家族でご参加ください!

開催日時 平成30年10月21日(日曜日)
  • [午前の部]9時30分~12時
    受付:9時30分~
    見学:10時~12時(弁当配布後解散)
  • [午後の部]12時30分~15時30分
    受付:12時30分~(弁当配布・昼食)
    見学:13時30分~15時30分(解散)
(注)雨天時は見学内容を変更して実施。ただし、台風など荒天時は中止の可能性があります。
集合場所 高取山公園駐車場(佐賀県神埼市脊振町広滝1472別ウィンドウ
参加費 無料(お弁当付き)
定員 各回50名(計100名)
(注)先着お申込み順:定員に達し次第、締め切りとなります
申込方法

下記の必要事項を記載の上、メールまたはFAXで、10月15日(月曜日)までにお申し込みください。

  • [必要事項]
    参加者全員の
    • ①氏名
    • ②年齢
    • ③住所
    • ④電話番号
    • ⑤生年月日
    • ⑥性別
  • [申込先]
  • [問合せ先]
    九州電力株式会社 佐賀支社
    • 電話番号:0952-33-1123(代表:平日9時30分~17時)

(注)FAX用紙はコチラから印刷してください

(注)いただいた個人情報は、当見学ツアー(保険加入)においてのみ利用します

見学コース(約2時間)

  • 集合場所
  • 取水口
  • 水路
  • 発電所(外・内)
  • 集合場所(解散)

(注)貸切バスと徒歩(階段昇降あり)での見学となります。
(注)発電所内では全員ヘルメットを着用していただきます。

  • (1)取水口取水口の写真
  • (2)水路水路の写真
  • (3)発電所(外・内) 発電所の写真
  • 発電所の写真

第3弾!天山発電所見学ツアー

1986年に佐賀県初(九州では2番目)に造られた天山揚水発電所は、周囲約1.6キロメートルの人造湖や高さ117メートルのダム、地下500メートルに12階建てのビルに相当する発電所など、ダイナミックな設備を持つ発電所です!
普段は一般公開していませんが、今回特別にダム・発電所の内部へご案内します。
大変貴重な機会となっていますので、ぜひご家族でご参加ください!

ご好評につき、見学会は4日・8日共に定員に達しましたので、申込受付を終了させていただきます。多数のお申込みありがとうございました。

開催日時

平成30年8月4日(土曜日)、8日(水曜日)

  • 両日ともに午前9時30分~午後3時
    (注)雨天時は見学内容を変更して実施。ただし、台風など荒天時は中止の可能性があります。
集合場所 唐津市厳木コミュニティセンター駐車場(佐賀県唐津市厳木町中島1337別ウィンドウ
参加費 無料(お弁当付き)
定員 各日50名(先着お申込み順:定員に達し次第、締め切りとなります)
申込方法

下記の必要事項を記載の上、メールまたはFAXで、7月31日(火曜日)までにお申し込みください。

  • [必要事項]
    参加者全員の
    • ①氏名
    • ②年齢
    • ③住所
    • ④電話番号
    • ⑤生年月日
    • ⑥性別
  • [申込先]
  • [問合せ先]九州電力株式会社 佐賀支社
    • 電話番号:0952-33-1123(代表:平日9時30分~17時)

(注)FAX用紙はコチラから印刷してください

(注)いただいた個人情報は、当見学ツアー(保険加入)においてのみ利用します

見学コース(約5時間)

普段は見ることができないダムと発電所内部を見学して、揚水発電について学ぼう!
(注)貸切バスと徒歩(階段昇降あり)での見学となります。

各日25名の2班でのご案内となります(班分けは事務局で決めさせていただきます)

発電コース
  • 9時30分:受付
  • 10時:出発
  • 10時30分:天山ダム
  • 11時30分:地下発電所
  • 12時40分:(昼食)
  • 13時20分:厳木ダム
  • 15時:解散
揚水コース
  • 9時30分:受付
  • 10時:出発
  • 10時10分:厳木ダム
  • 11時50分:(昼食)
  • 12時30分:地下発電所
  • 14時:天山ダム
  • 15時:解散

見学コースの図

第2弾!中木庭ダム内部・発電所見学会 in あじさいまつりを開催しました(平成30年6月23日・24日)

初日はあいにくの雨、2日目は晴天(高温多湿)と梅雨真っ只中の天候でしたが、満開のあじさいが咲き誇る中、両日あわせて207名のお客さまにご来場いただきました。
参加されたかたからは、「ダムは外から見るもので、内部に入れるとは思ってなかった」「ダムや水力発電所の知識が深まった」「夏休みの自由研究に使いたい」等のうれしいお言葉を頂戴しました。

(注)次回の中木庭ダム内部・発電所見学会は、11月頃を予定しています。

  • 中木庭ダム内部・発電所見学会 in あじさいまつりの写真
  • 中木庭ダム内部・発電所見学会 in あじさいまつりの写真
  • 中木庭ダム内部・発電所見学会 in あじさいまつりの写真
  • 中木庭ダム内部・発電所見学会 in あじさいまつりの写真
  • 中木庭ダム内部・発電所見学会 in あじさいまつりの写真
  • 中木庭ダム内部・発電所見学会 in あじさいまつりの写真

見学コース(約40分)

普段は見ることができないダムと発電所内部を見学して、最新の水力発電について学ぼう!
(注)徒歩での見学となります

  • (1)ダム堤体上部 680万立法メートルの水を貯めることができる中木庭ダム ダム堤体上部の写真
  • (2)監査廊(ダム内部) 水をせき止めている堤体の内部に入っていきます 監査廊(ダム内部)の写真
  • (3)発電所 中木庭ダムの維持流量(注)を利用して発電しています 発電所の写真
    (注)ダムは川の水をすべてせき止めているわけではなく、ダム下流の川の環境を保つために常に必要な水を流しており、その水を維持流量と呼ぶ

第1弾!サクラ満開の広滝水力発電所で見学会を開催しました(平成30年3月31日、4月1日)

両日ともに天候に恵まれ、サクラが咲き誇る中、2日間で139名のお客さまが参加されました。

日頃は社員しか入れない施設の中を特別に公開し、設備をご覧いただいたところ、参加されたかたからは、「普段見ることのできない設備を見ることができ、歴史や発電のしくみも分かり、貴重な体験ができた」「当時の技術力、発想に敬意を表したい」「地元として誇りに思う」などのご感想を頂戴し、大変、ご好評をいただきました。

(注)次回の広滝水力発電所見学会は、11月頃を予定しています。

  • 広滝水力発電所見学会の写真
  • 広滝水力発電所見学会の写真
  • 広滝水力発電所見学会の写真
  • 広滝水力発電所見学会の写真
  • 広滝水力発電所見学会の写真
  • 広滝水力発電所見学会の写真

見学コース(約2時間)

普段は見ることができない発電所内部などを見学して、電気ができるまでの道すじを探検しよう!
(注)貸切バスと徒歩での見学となりますが、コースのごく一部に階段があります。

  • (1)取水口 川の水を水路に導く入り口で流木やゴミを取り除きます 取水口の写真
  • (2)水路 取水口から発電所まで水を届けます(全長 約2,700メートル) 水路の写真
  • (3)水圧鉄管 高いところに溜めた水を発電所の水車に一気に流します 水圧鉄管の写真

(4)発電所
水圧鉄管を流れてきた水の勢いで水車を回して発電します

  • 発電所の写真
  • 発電所の写真
  • 発電所の写真