ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

企業・IR情報

  • このリンクをシェア
  • ツイート

温泉調査

温泉調査

温泉調査とは?

温泉調査  どこに井戸を掘れば温泉に当たる確立が高いか(新規開発)、現在使用している温泉の湯量が減少してきているように思うが、どうしたら良いか(温泉保全・適正管理)などといった問題に対して、各種の地上調査や温泉水の分析、コンピューターを使ったシミュレーションなどの方法を駆使し、温泉の存在範囲や生成機構、適正開発規模などを明らかにします。
また、既存温泉配管のスケール(付着生成物)の化学清浄や安定同位体調査なども実施します。

お薦めポイント

 母なる惑星地球から、人類がとりだし利用してきた資源には、石灰石・鉄・ペースメタル、プレシャスメタルなどの鉱物資源、石炭、石油、地熱あるいは温泉などのエネルギー資源があります。
火山国であるわが国には、豊富な地熱資源の存在が予想され、また、地熱エネルギーは純国産のクリーンエネルギーとしてますますその重要性は高まっています。
これまで、九州電力(株)における地熱発電所の運用において、蓄積したさまざまなノウハウをベースに、国内はもとより、海外においても積極的に調査・評価・開発に関与しております。
実施可能な調査の種類や既存のデータにもよりますが、温泉がどのように生成されて、何℃の温泉水が地下にどの範囲で広がっているか、汲み上げるお湯の量はどの程度までが適切なのか、この先温泉が枯れたり泉質や泉温が変化しないようにするには、どのようにすればよいか、などといった問題に目安となる数値を提供致します。

こんな方にお薦め

「温泉の新規開発を考えているがどうしたらよいか分からない」
「温泉配管などにスケールが付着して困っている」
「これまで使用していた温泉の汲み上げ量が減ってきたが、その原因を知り、有効な対策を立てたい。」
「レジオネラ菌が心配だ」
など、温泉水や地熱にかかわるさまざまな問題に、最良の解決策を提案いたします。


詳しい内容を調べたい方はこちら

 
九州電力グループ
西日本技術開発株式会社(別ウィンドウ)
西日本技術開発株式会社:温泉調査・熱水有効利用計画(別ウィンドウ) >>

関連サービス