MENU CLOSE

企業・IR情報

沿革

主な出来事
1951年
  • 創立
1955年
  • 日本初のアーチ式ダムを持つ上椎葉発電所運転開始
1956年
  • 苅田発電所1号機(石炭、7.5万kW)運転開始
1957年
  • 当社初の超高圧送電線の中央幹線昇圧(22万V)運転開始
  • 火力発電量が水力発電量を上回る(水火力の比重逆転)
  • 大村発電所1号機(石炭、6.6万kW)運転開始
1960年
  • 周波数統一終了
  • 港発電所1号機(石炭、15.6万kW)運転開始
1961年
  • 新小倉発電所1号機(石炭、15.6万kW)運転開始
1967年
  • 大岳発電所(地熱:1.1万kW)運転開始 (注)国内初の事業用地熱発電所
  • 唐津発電所1号機:(石炭、15.6万kW)運転開始 (注)当社初の制御用電算機を採用
1969年
  • 大分発電所1号機(石油、25万kW)運転開始 (注)当社初の重油専焼火力発電所
1970年
  • 未点灯家屋の全面解消
1973年
  • 相浦発電所1号機(石油、37.5万kW)運転開始
1974年
  • 川内発電所1号機(石油、50万kW)運転開始
1975年
  • 玄海原子力発電所1号機(55.9万kW)運転開始
  • 大平揚水式発電所(50万kW)運転開始 (注)当社初の揚水式発電所
1977年
  • 八丁原発電所1号機(地熱、2.3万kW)運転開始
  • 豊前発電所1号機(石油、50万kW)運転開始
1980年
  • 50万Vの中央・西九州変電所新設、佐賀幹線50万Vに昇圧
  • 電源開発株式会社が関門連系線(50万V)運転開始
1981年
  • 玄海原子力発電所2号機(55.9万kW)運転開始
1982年
  • 九州エネルギー館開館
1984年
  • 川内原子力発電所1号機(89万kW)運転開始
1985年
  • 川内原子力発電所2号機(89万kW)運転開始
1986年
  • 天山揚水発電所1号機(30万kW)運転開始
  • 配電線自動制御システム運用開始
1989年
  • 松浦発電所1号機(石炭、70万kW)運転開始
1990年
  • 日本初の高低圧作業停電「ゼロ」達成
1991年
  • 新大分発電所1号系列(LNG、69万kW)運転開始 (注)当社初のガスコンバインドサイクル発電所
1994年
  • 玄海原子力発電所3号機(118万kW)運転開始
1995年
  • 山川発電所(地熱、3万kW)運転開始
  • 苓北発電所1号機(石炭、70万kW)運転開始
1996年
  • 大霧発電所(地熱、3万kW)運転開始
  • 滝上発電所(地熱、2.75万kW)運転開始
1997年
  • 玄海原子力発電所4号機(118万kW)運転開始
1998年
  • 超伝導エネルギー貯蔵装置運用開始 (注)電力設備としては日本初で世界最大規模
2000年
  • 玄海エネルギーパーク開館
2001年
  • 当社初の海外事業案件メキシコ・トゥクスパン2号IPPプロジェクト開始
  • 九州ふるさとの森づくり開始
  • 苅田発電所新1号機(石炭、36万kW)運転開始 (注)当社初の加圧流動床複合発電(PFBC)
2002年
  • 法人お客さま専任のアカウントマネージャーの配置
2003年
  • 甑島風力発電所(250kW)運転開始
  • 野間岬ウィンドパーク発電所(3,000kW)運転開始
2004年
  • 大村発電所廃止
  • 港発電所廃止
2005年
  • 日本最長の電力海底ケーブルによる五島連系設備(53km)運用開始
2006年
  • 八丁原バイナリー発電所(2,000kW)運転開始 (注)日本初の事業用地熱バイナリー発電所
2007年
  • 「九州電力の思い」(ブランドメッセージ「ずっと先まで、明るくしたい。」)を制定
2009年
  • 玄海原子力発電所3号機で日本初のプルサーマル運用開始
2010年
  • メガソーラー大牟田発電所(3,000kW)運転開始 (注)当社初のメガソーラー発電所
2011年
  • 本店の部を廃止、支店の廃止、支社及びお客さまセンター、電力センター、内燃力センターを設置
2013年
  • 九州エネルギー館閉館
  • 大分発電所廃止
2015年
  • 玄海原子力発電所1号機運転終了
  • 唐津発電所廃止
2016年
  • 熊本地震が発生、熊本県を中心に最大47万6,000戸が停電。電力各社からも応援要員・電源車などを派遣
  • 世界最大級の大容量蓄電システム(出力5万kW、容量30万kWh)を備えた豊前蓄電池変電所の運用を開始
  • 一般社団法人「九電みらい財団」設立