MENU CLOSE

企業・IR情報

トップコミットメント

CSR(企業の社会的責任)経営を推進して、地域・社会の問題解決に貢献し、ともに持続的な発展を目指します。 九州電力株式会社 代表取締役社長 瓜生 道明

 当社グループは、「ずっと先まで、明るくしたい。」をブランドメッセージとする「九州電力の思い」のもと、お客さまにエネルギーを安定してお届けすることを使命に、企業活動をおこなっています。

 2015年には、「九州電力グループ中期経営方針」(2015~19年度)を策定し、「日本一のエネルギーサービスを提供する企業グループ」を目標に、九州域内・域外でのエネルギーサービス事業、海外事業、再生可能エネルギー事業などに積極的に取り組んでいます。

 これらの企業活動を支える基盤として、「CSR経営の徹底」を中期経営方針の重点的な取組みに掲げています。

CSR経営の推進に向けて

 当社グループは、社会の持続的な発展に貢献していくため、企業活動が社会に与える影響に配慮することはもとより、皆さまのご期待・ご要請をお聴きし、地域・社会の課題解決に貢献するCSRの取組みを推進しています。

 2016年には、CSR基本方針とする行動憲章を「九州電力グループCSR憲章」として見直し、グループ全体でCSR経営を推進していくための意識浸透を図っています。
 また、取組みにあたっては、CSRガイドライン(日本経団連「企業行動憲章」等)に基づく評価や、お客さまや地域の皆さまのご意見・ご要望も踏まえ、取組みを改善・充実させています。

 今後は、地域・社会の課題解決により貢献していくため、グループの経営資源の活用や他企業等との協働により、新たな事業・サービスを創出する取組みにも力を入れていきます。

CSR重点7項目の取組み推進

 当社グループは、CSRの取組みを重点的に推進する7項目を定め、積極的に取り組んでいきます。

 この報告書を通して、CSRの取組みをお伝えし、皆さまの声を事業運営に反映してまいります。

 忌憚のないご意見をお聴かせくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

2017年6月

CSR重点7項目

お客さま満足の創造

お客さまのニーズや課題にお応えする価値ある商品・サービスを提供します

安全・安心の追求

設備の安全対策や作業者の安全確保を徹底し、安全・安心を最優先した事業活動を行います

環境にやさしい企業活動

地球環境の保全や地域環境との共生に向けた取組みを推進します

誠実で公正な事業運営

一人ひとりが高いコンプライアンス意識をもち、誠実で公正な事業運営を行います

社会との真摯なコミュニケーション

情報の迅速な公開に努めます。皆さまとのコミュニケーションを積極的に推進します

地域・社会との共生

環境活動や次世代育成支援活動、各地域の課題解決活動に重点的に取り組みます

人権尊重・働きがいのある職場づくり

人権を尊重し、多様な人材が最大限の能力を発揮できる職場環境をつくります