大霧発電所

航空写真
アクセスマップ

発電所の紹介

 大霧発電所のある霧島市牧園町と湧水町は、鹿児島の北部にあり、宮崎県との県境に接しています。
 発電所は、北に栗野岳、東に韓国岳、東南東に大浪池を望む標高700~900メートルの丘陵地にあり、付近にはスギ・ヒノキの植林や、牧草地がみられます。
 この地方には霧島温泉郷といわれる多くの温泉があり、約130の源泉が、浴用、給湯用、飲用等に利用されています。
 展望絶景の栗野岳をはじめ、春の新緑、初夏のミヤマキリシマ、秋の紅葉、冬の樹氷で有名な霧島、天孫降臨の神話が息づく高千穂峰など観光地も多く、四季折々の自然美が楽しめます。
 大霧発電所は事業用として、九州では、大岳発電所、八丁原発電所、山川発電所についで4番目、全国では10番目の地熱発電所です。発電部門を九州電力株式会社、蒸気部門を日鉄鉱業株式会社が担当し、共同で運営しています。
  発電所の運転状況の監視は、約60キロメートル離れた川内発電所から行っています。

発電所の概要

大霧発電所
運転開始 平成8年3月
出力 30,000kW

見学申込先

〒899-6601 鹿児島県霧島市牧園町万膳字銀湯1468-10
電話番号 0995-74-1186