MENU CLOSE

送電線・配電線

発電設備の概要(平成27年度末)

水力発電

水力発電は、高い所に貯めた水を連続して低い所に落とすことで、その力(位置エネルギー)を利用して水車を廻し、更に水車につながっている発電機を回転させることにより電気を生み出すものです。
水力発電所の写真

水力発電(出力5万kW以上)の概要

発電所名 最大出力(kW) 水系 運転開始年月 方式 所在地
小丸川 1,200,000 小丸川 平成19年7月 ダム水路式
(純揚水)
宮崎県児湯郡木城町
天山 600,000 松浦川・六角川 昭和61年12月 ダム水路式
(純揚水)
佐賀県唐津市厳木町
大平 500,000 球磨川 昭和50年12月 ダム水路式
(純揚水)
熊本県八代市坂本町
一ツ瀬 180,000 一ツ瀬川 昭和38年6月 ダム水路式 宮崎県西都市大字片内
上椎葉 93,200 耳川 昭和30年5月 ダム水路式 宮崎県東臼杵郡椎葉村
大淀川第二 71,300 大淀川 昭和7年3月 ダム水路式 宮崎県宮崎市高岡町
柳又 63,800 筑後川 昭和48年6月 ダム水路式 大分県日田市大字内河野
塚原 63,050 耳川 昭和13年10月 ダム水路式 宮崎県東臼杵郡諸塚村
大淀川第一 55,500 大淀川 大正15年1月 ダム式 宮崎県都城市高崎町
岩屋戸 52,000 耳川 昭和17年1月 ダム水路式 宮崎県東臼杵郡椎葉村
松原 50,600 筑後川 昭和46年8月 ダム式 大分県日田市大山町
諸塚 50,000 耳川 昭和36年2月 ダム水路式 宮崎県東臼杵郡諸塚村
最大出力 合計 3,583,681kW (出力5万kW以下の発電所分も含む)

火力発電

火力発電は、ボイラー、タービン、発電機で構成されています。ボイラーで燃料を燃やして高温・高圧の蒸気を発生させます。石油、石炭、LNG(液化天然ガス)など、いろいろな燃料を使用します。
ボイラーでできた蒸気でタービンを高速で回転させます。
この回転力でタービンに直結された発電機を回し、電気をつくります。
火力発電所の写真

火力発電の概要

発電所名 最大出力(kW) 運転開始年月 主要燃料 所在地
新小倉 1,800,000
(3・4・5号機)600,000×3
昭和53年9月 LNG 福岡県北九州市小倉北区西港町
苅田 735,000
(新1号機)360,000
(新2号機)375,000
昭和47年4月 石炭(PFBC)
重油・原油
福岡県京都郡苅田町
豊前 1,000,000
(1・2号機)500,000×2
昭和52年12月 重油・原油 福岡県豊前市大字八屋
新大分 2,754,400
(1号系列)115,000×6
(2号系列)217,500×4
(3号系列)245,000×3
平成3年6月 LNG 大分県大分市大字青崎
松浦 700,000 平成元年6月 石炭 長崎県松浦市志佐町
相浦 875,000
(1号機)375,000
(2号機)500,000
昭和48年4月 重油・原油 長崎県佐世保市光町
苓北 1,400,000
(1・2号機)700,000×2
平成7年12月 石炭 熊本県天草郡苓北町
川内 1,000,000
(1・2号機)500,000×2
昭和49年7月 重油・原油 鹿児島県薩摩川内市港町
最大出力 合計 10,264,400kW

地熱発電

地熱発電とは、地中深くから取り出した蒸気で直接タービンを回し発電するものです。
火力発電では石炭、石油、LNGなどの燃焼による熱で蒸気を発生させるのに対し、地熱発電では地球がボイラーの役目を果たしているといえます。
地熱発電所の写真

地熱発電の概要

発電所名 最大出力(kW) 運転開始年月 所在地
八丁原 110,000
(1・2号機)55,000×2
昭和52年6月 大分県玖珠郡九重町
八丁原バイナリー 2,000 平成18年4月 大分県玖珠郡九重町
大岳 12,500 昭和42年8月 大分県玖珠郡九重町
滝上 27,500 平成8年11月 大分県玖珠郡九重町
大霧 30,000 平成8年3月 鹿児島県霧島市牧園町
山川 25,960 平成7年3月 鹿児島県指宿市山川
最大出力 合計 207,960kW

内燃力発電

九州には数多くの離島があり、そのほとんどで内燃力発電が活躍しています。
内燃力発電は、シリンダーの内部で直接燃料を燃やし、このときできる高温・高圧のガスの圧力でピストンを上下運動させ、クランク軸を介して発電機を回し、電気を作るものであり、起動・停止が早いという利点があります。
内燃力発電の写真

内燃力発電(出力5千kW以上)の概要

発電所名 最大出力(kW) 運転開始年月 所在地
佐須奈 5,100 大正12年12月 長崎県対馬市上県町
豊玉 42,000 昭和53年6月 長崎県対馬市豊玉町
厳原 6,600 昭和5年6月 長崎県対馬市厳原町
芦辺 15,000 大正3年8月 長崎県壱岐市芦辺町
新壱岐 24,000 昭和58年6月 長崎県壱岐市芦辺町
新有川 60,000 昭和57年6月 長崎県南松浦郡新上五島町
福江第二 21,000 昭和46年3月 長崎県五島市奥浦町
甑島第一 14,250 昭和5年11月 鹿児島県薩摩川内市上甑町
種子島第一 16,500 大正2年3月 鹿児島県西之表市西之表
新種子島 24,000 昭和56年6月 鹿児島県熊毛郡南種子町
新喜界 12,600 昭和52年9月 鹿児島県大島郡喜界町
竜郷 60,000 昭和55年6月 鹿児島県大島郡龍郷町
名瀬 21,000 昭和47年9月 鹿児島県奄美市名瀬小浜町
新徳之島 21,000 昭和55年9月 鹿児島県大島郡天城町
亀津 7,500 昭和46年5月 鹿児島県大島郡徳之島町
新知名 19,100 昭和51年6月 鹿児島県大島郡知名町
新与論 5,600 昭和51年6月 鹿児島県大島郡与論町
最大出力 合計 395,540kW (出力5千kW未満の発電所、固定ガスタービン、豊前ディーゼルを含む)

風力発電

風のエネルギーで発電機につながれた風車を回す発電方法です。
風向きにあわせてプロペラの向きを変え、風の強さが変わっても一定の速さで発電機が回るしくみになっています。
風力発電所の写真

風力発電の概要

発電所名 出力(kW) 運転開始年月 所在地
甑島 250 平成15年3月 鹿児島県薩摩川内市里町
野間岬ウィンドパーク 3,000 平成15年3月 鹿児島県南さつま市笠沙町
最大出力 合計 3,250kW

太陽光発電

太陽光発電とは、太陽の光エネルギーを電気に変えるエネルギー変換器「太陽電池」を使った発電方法です。
「太陽電池」は電気的な性質の異なる2種類の半導体を重ね合わせたもので、太陽の光が当たると電気が発生します。
太陽光発電所の写真

太陽光発電の概要

発電所名 出力(kW) 運転開始年月 所在地
メガソーラー大牟田 3,000 平成22年11月 福岡県大牟田市新港町
最大出力 合計 3,000kW

原子力発電

原子力発電は、火力発電と同様に蒸気でタービンを回して電気を作ります。
異なる点は、燃料が「ウラン」であること。ウランが核分裂するときに発生する大量の熱で蒸気をつくり、その蒸気でタービンを高速で回転させます。
この回転力でタービンに直結された発電機を回し、電気をつくります。
原子力発電所の写真

原子力発電の概要

発電所名 出力(kW) 運転開始 型式 所在地
玄海 2,919,000
(2号機)559,000
(3・4号機)1,180,000×2
昭和50年10月 加圧水型
軽水炉(PWR)
佐賀県東松浦郡玄海町
川内 1,780,000
(1・2号機)890,000×2
昭和59年7月 加圧水型
軽水炉(PWR)
鹿児島県薩摩川内市久見崎町
最大出力 合計 4,699,000kW

(注)玄海1号機は、平成27年4月27日に運転終了