MENU CLOSE

発電

九州本土の再生可能エネルギーの接続状況 他

当社は今後、系統連系をご検討される事業者さまのご参考としていただくために、再生可能エネルギーの接続状況等について、情報発信に努めてまいります。

再生可能エネルギーの接続・申込状況

国の系統ワーキンググループ(2016年11月25日(金曜日))において、再生可能エネルギーの接続可能量の算定が自社需給からエリア需給に見直されました。これに伴い、2016年10月分より、これまでの当社開発分、当社買取分の合計から、これに他社買取分を加えた九州エリアの合計に公表内容を見直しました。

九州本土(離島除く)の再生可能エネルギーの接続・申込状況(2019年1月末時点)

〔万kW〕

  太陽光 風力 バイオマス 水力
(揚水除く)
地熱 合計
接続検討
申込み
128 654 105 7 14 908
接続契約
申込み
289 132 3 1 1 426
承諾済 437 96 97 12 1 641
接続契約申込及び
承諾済
725 228 99 12 2 1,067
接続済 838 51 109 185 23 1,207
合計 1,692 933 313 205 39 3,182

※合計は四捨五入の関係で合わないことがある

(再掲)当社開発(離島除く)の再生可能エネルギーの接続状況

〔万kW〕

  太陽光 風力 バイオマス 水力
(揚水除く)
地熱 合計
接続済 0.08 0.3 0 173 21 194

太陽光・風力の接続・申込状況

国の系統ワーキンググループ(第9回系統ワーキンググループ 2016年11月25日(金曜日))にて当社が算出した再生可能エネルギー発電設備接続可能量(30日等出力制御枠)が以下のとおり決定されました。(2016年11月25日(金曜日) お知らせ済み)

再生可能エネルギー発電設備接続可能量(30日等出力制御枠)(九州本土)

  太陽光 風力
接続可能量 817万kW 180万kW

太陽光に関するグラフ

2014年12月末に、接続済と承諾済の合計が接続可能量(817万kW)に到達しました。

風力に関するグラフ