スマートグリッドへの取組み

スマートグリッドへの取組み

 当社は、低炭素社会の構築に向け、再生可能エネルギーの開発・導入、省エネルギーへの取組み等を積極的に進めています。
 将来、太陽光など出力が不安定な分散型の再生可能エネルギーが大量に普及した場合においても、高品質、高信頼度、かつ効率的な電力供給を維持できるよう、当社は、原子力・火力などの集中電源を含めた全ての電源の最適運用を行えるスマートグリッドの構築を目指しています。
 このため、電力需給面の課題の抽出と技術的な検証を目的に、佐賀県玄海町、鹿児島県薩摩川内市において、太陽光発電設備や蓄電池などの試験用設備を設置し、スマートグリッドの実証試験を実施しています。
(実証試験期間:2011年4月~2017年3月)


スマートグリッド実証試験のイメージ

スマートグリッド実証試験のイメージ


スマートグリッド実証試験の内容

実証項目 主な試験内容
需給面

太陽光発電の出力予測手法の検証

系統用蓄電池の最適制御手法の検証

電圧面

模擬配電設備を用いた実機の電圧調整機器の動作検証


電圧調整機器を複数台設置した場合の相互干渉の検証など
お客さま面

電力使用抑制効果の検証(一般家庭のモニター実証)


お客さまの電力使用量の計測・収集
お客さまの電力使用量等の「見える化」
仮想の電気料金メニュー(ピーク時間帯の節電量に応じた節電協力金)

スマートグリッド実証試験設備の現地写真

【玄海地区】

玄海町次世代エネルギーパーク実証設備(隣接する九州電力玄海エネルギーパークにも設置)
太陽光パネル(10kW×1)の画像
太陽光パネル(10kW×1)
太陽光パネル(4kW×2)の画像
太陽光パネル(4kW×2)
太陽光パネル(4kW×3)の画像
太陽光パネル(4kW×4)
玄海町町民会館実証設備
太陽光パネル(167kW×1)の画像
太陽光パネル(167kW×1)
受電設備・蓄電池等収納コンテナの画像
受電設備・蓄電池等収納コンテナ
蓄電池(リチウムイオン電池)と蓄電池セルの画像
蓄電池(リチウムイオン電池)

【薩摩川内地区】

薩摩川内実証試験場(寄田中学校跡地)

薩摩川内実証試験場(寄田中学校跡地)の画像


見える化端末(表示画面の例)

見える化端末(表示画面の例)

スマートグリッド実証試験設備の概要

  玄海地区 薩摩川内地区
設置地点 玄海町次世代エネルギーパーク、玄海町町民会館 寄田中学校跡地(鹿児島県薩摩川内市寄田町4-1)
太陽光
発電設備
出力201kW
・高圧連系(事業用模擬):167kW
・低圧連系(家庭用模擬):10kW×1、4kW×6
※4kWの設備は、パネルの方位・角度を変えて設置
出力278kW
・高圧連系(事業用模擬):250kW
・低圧連系(家庭用模擬):4kW×7
※4kWの設備は、パネルの方位・角度を変えて設置
蓄電池 出力118kW、容量130kWh
・高圧連系(系統用模擬):出力100kW、容量70kWh
・低圧連系(家庭用模擬):(出力3kW、容量10kWh)×6
同左
模擬
配電設備
- 模擬配電線路装置、模擬負荷装置、電圧調整機器など
モニター
試験機器
電力計測装置、見える化(タブレット)端末など
約100世帯
電力計測装置、見える化(タブレット)端末、
スマートメーターなど
約230世帯
その他
附帯設備
受電設備、監視制御装置、気象観測装置など 同左