MENU CLOSE

発電

苅田発電所

苅田発電所写真

発電所の紹介

苅田発電所は、国指定重要文化財の三角縁神獣鏡に代表される古代文化、自動車産業を軸にした企業の進出、こうしたロマンとハイテクが息づく苅田町にあります。

当発電所は、昭和31年わが国の火力発電技術を世界水準まで引き上げる基礎となった1号機が誕生して以来、次々に新鋭の発電設備が増設され、最盛期の昭和47年には発電機5基、総出力98万2千kWの九州最大の発電所になりました。しかし、燃料情勢の変化により、それぞれ休止運用から廃止となり、新2号機のみになりました。

その後、平成13年7月に世界最大規模の石炭を燃料とする加圧流動床複合発電(PFBC)プラントが、新1号機として営業運転を開始し、平成29年5月に高経年に伴う老朽化および電力需給上、安定供給に支障がないことから、新2号機は廃止となりました。

発電所の概要

新1号機
(加圧流動床複合プラント)
運転開始 平成13年7月
出力 360,000kW
燃料 石炭

見学申込先

〒800-0311 福岡県京都郡苅田町長浜町1番地1
電話番号 093-436-1731