ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

よくあるご質問・お問い合わせ

  • このリンクをシェア
  • ツイート

再生可能エネルギーについて

このページの先頭へ

問い. 認定発電設備に適用された買取条件が変更されることはありますか。

答え.

一旦適用された条件は、電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法第3条第8項(物価その他の経済事情に著しい変動が生じ、又は生ずるおそれがある場合において、特に必要と認められる場合)に基づく「調達価格」の改定がある場合、その他「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」に関連する法令の変更に伴い「調達価格」が変更された場合、ならびに、消費税および地方消費税の税率が変更された場合を除き、「調達期間」内において、当社からの申し出により、料金単価を変更することはございません。


このページの先頭へ

問い. 複数の再生可能エネルギー発電設備を設置した場合の買取条件(単価・期間)はどうなりますか。

答え.

子メーターを設置していただき、それぞれの発電設備の発電量が個別に計量できれば、それぞれの発電設備ごとに該当する買取条件(単価・期間)が適用されます。

個別に計量を行わず、それぞれの発電設備の発電量が区分できなければ、最も買取単価が低いものの買取条件(単価・期間)が適用されます。


このページの先頭へ

問い. 九州電力は、FIT法に基づく調達期間が終了した後も、引続き電気を買い取るのですか。

答え.

当社は、持続可能な社会および低炭素社会の実現に向けて、再エネ電気を最大限受け入れていく観点から、引き続き、FIT買取期間が満了した再エネ電気を新たなプランで購入いたします。


買取プランの詳細は >>

なお、FIT買取期間が満了するお客さまについては、期間満了の4か月前までに個別にお知らせする予定です。


このページの先頭へ

問い. 高圧で電気の供給を受けている場所に、新たに低圧の発電設備を設置する場合、別引込みで全量売電することは可能ですか。

答え.

以下の条件を満たしていれば、別引込みでの全量売電は可能となります。

  • 新規に設置する発電設備であること(既存設備の増設は不可)
  • 電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法の認定設備であること
  • 再生可能エネルギー発電設備の稼働とは関係のない相当規模の電力需要があること
  • 当社が検針、保守、保安等の業務のために立ち入ること容易に可能であること
  • 保安上の支障がないこと
  • 専用線に係る工事費については、専用線の引き込みを求めた事業者にて負担すること
低圧供給を受けている場所に、新たに高圧の発電設備を設置する場合も同様の取扱いとなります。

その他のご質問につきましては、資源エネルギー庁のHPをご参照ください