ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

よくあるご質問・お問い合わせ

  • このリンクをシェア
  • ツイート

国の新エネルギー小委員会、系統ワーキンググループでは、これまでどのような議論がなされてきたのか。

問い. 国の新エネルギー小委員会、系統ワーキンググループでは、これまでどのような議論がなされてきたのか。

答え.

  • 新エネルギー小委員会では、再エネの最大限の導入拡大にあたっての課題や固定価格買取制度が直面する課題などについて議論が行われています。第8回委員会(平成26年12月18日開催)では、系統ワーキンググループにおける接続可能量の算定結果、新たな出力制御システムを活用したバランスの取れた再エネの導入、固定価格買取制度の運用改善などについて検討されました。
  • また、電力5社が接続申込みへの回答を保留する事態となったことを受けて、同委員会の下に、系統ワーキンググループが設置され、中立的な専門家による電力会社の接続可能量の検証、接続可能量の拡大方策等の審議がなされました。当社は、第2回系統ワーキンググループ(平成26年10月30日開催)で「再エネの接続可能量の算定方法に関する考え方」、第3回系統ワーキンググループ(平成26年12月16日開催)で「再エネの接続可能量の算定結果」を報告しました。
  • このような議論を受けて、平成26年12月18日に国から「再生可能エネルギーの最大限導入に向けた固定価格買取制度の運用見直し等について」が発表され、今後の固定価格買取制度の運用見直しの方針が示されました。当社では、これを踏まえ、回答再開に向けた対応をすすめていくこととしています。

このページの先頭へ

よくあるご質問トップへ戻る