MENU CLOSE

よくあるご質問・お問い合わせ

調達価格決定時期の見直し内容は。

調達価格決定時期の見直し内容は

  • 固定価格買取制度の運用見直し案によると、太陽光発電の調達価格の決定時期について、「接続申込時」から「接続契約時」に変更されることとなっています。

    (注)設備認定または調達価格が変更となる変更認定が接続契約の締結後に行なわれた場合は、当該認定時点の調達価格を適用
  • ただし、電力会社側の理由により接続申込から270日を経過しても接続契約の締結に至っていない旨の電力会社からの証明書があれば、当該期間が経過した時点(接続申込みの翌日から270日後の日)の調達価格が適用されます。
  • なお、本見直しは、平成27年4月1日以降の接続申込み案件から適用される見込みです。

九州本土の再生可能エネルギー発電設備に対する接続申込みの回答再開について