MENU CLOSE

よくあるご質問・お問い合わせ

系統への接続にあたり、上位系統対策が必要となる場合、事業者との調整をどのように行うのか。

系統への接続にあたり、上位系統対策が必要となる場合、事業者との調整をどのように行うのか。

  • 最初に、平成27年1月中旬より太陽光発電の事業者さまに対し、ダイレクトメール等により接続のために必要な条件を事業者さまにご提示し、申込み継続に関する意思を確認させていただきます。
  • その後、申込みを継続される事業者さまおよび太陽光発電以外の事業者さまに対し、系統接続に必要となる対策概要、工期、及び工事費負担金を提示し、再度事業継続の意思を確認させていただいたうえで、工事費負担金の確定に向けた調整を行います。
  • 仮に調整段階で辞退される事業者さまが発生した際には、増強工事の再設計や工事費負担金の再算定が必要となることがあります。この場合、必要に応じ変更後の工事費負担金を再度事業者さまにご提示させていただくことがありますので、ご留意ください。
  • このような調整を行い、最終的にご負担いただく事業者さまの工事費負担金を確定させていただきます。

九州本土の再生可能エネルギー発電設備に対する接続申込みの回答再開について