MENU CLOSE

よくあるご質問・お問い合わせ

回答保留期間終了後、どのような回答を行うのか。

回答保留期間終了後、どのような回答を行うのか。

  • 当社は、回答保留をさせていただいている期間に、電力の安定供給維持を前提とした、接続可能量を見極め、公表を行います。
  • その後の具体的な対応については、今後、検討することとしておりますが、基本的には、回答保留期間終了後、保留対象となっている事業者さまにつきまして、「接続可能量を踏まえた接続のための条件」の要否などについて提示させて頂き、検討継続の意思を確認させていただく予定です。
  • その後、検討継続を希望される事業者さまに対しまして、負担金等も含めた検討結果を順次回答させていただくことを考えております。
  • なお、「接続可能量を踏まえた接続のための条件」とは、接続可能量を超えて、再エネ設備を受け入れる場合に、当社が指定する期間・時間帯に、電力を系統へ流すことを控えていただく方策のことで、具体的には、事業者さまによる太陽光・風力発電への蓄電池の併設や、バイオマス・地熱・水力発電の出力調整などが考えられます。