MENU CLOSE

発電

発電所のあゆみ


日本はエネルギーの約80%を輸入に依存する資源小国です。
当社は準国産エネルギーの主力として,
また電源多様化の中核として原子力の開発を推進してきました。
そして,1号機は昭和50年10月,2号機は昭和56年3月,3号機は平成6年3月,4号機は平成9年7月に運転を開始したのです。
年・月 できごと
昭和42年7月
現地調査開始
九州初の原子力発電所の建設地点は気象調査やボーリング調査の結果この「玄海地点」に決定した。
昭和43年6月 建設計画を発表
昭和45年5月 1号機電源開発調整審議会(52回)承認
昭和45年12月 1号機原子炉設置許可
昭和46年3月 1号機着工
昭和47年11月 佐賀県および玄海町と安全協定を調印
昭和48年4月

展示館開館

展示館の一日の平均来館者数は約220人
展示館は昭和48年4月15日開館以来平成3年11月には150万人を突破した。また,閉館した平成12年2月29日までには約224万7千人の来館者をお迎えした。

地域の方々に地元の情報と発電所の近況を伝える「玄海だより」昭和50年6月に創刊。

昭和49年7月 2号機電源開発調整審議会(65回)承認
昭和50年1月

1号機初臨界

1号機の初臨界は昭和50年1月28日
九州の原子力時代の幕開けである。

昭和50年2月 1号機試験送電開始
昭和50年10月 1号機営業運転開始
昭和51年1月 2号機原子炉設置許可
昭和51年6月

2号機着工

完成した1号機と建設中の2号機

昭和53年12月 3,4号機の増設計画を佐賀県および玄海町に申し入れ
昭和55年5月 2号機初臨界
昭和55年6月 2号機試験送電開始
昭和56年3月 2号機営業運転開始
昭和57年9月 3,4号機電源開発調整審議会(89回)承認
昭和59年10月 3,4号機原子炉設置許可
昭和60年8月

3,4号機着工

原子炉容器据付け(3号機)

原子炉基礎(3号機)

建設状況(4号機原子炉格納容器建方)

昭和60年10月 玄海原子力発電所営業運転開始10周年
昭和62年3月 当社原子力発電所の累計発電電力量 1,000億kWh達成(試運転を含む)
平成3年9月 玄海原子力発電所の累計発電電力量 1,000億kWh達成(試運転を含む)
平成4年4月 当社原子力発電所の累計発電電力量 2,000億kWh達成(試運転を含む)
平成5年5月 3号機初臨界
平成5年6月 3号機試験送電開始
平成6年3月 3号機営業運転開始
平成6年11月

1号機蒸気発生器の取り替え終了

蒸気発生器取り替え作業

蒸気発生器取り替え作業

平成7年10月 玄海原子力発電所営業運転開始20周年
平成8年3月 当社原子力発電所の累計発電電力量 3,000億kWh達成(試運転を含む)
平成8年10月 4号機初臨界
平成8年11月 4号機試験送電開始
平成9年7月 4号機営業運転開始
平成10年5月 玄海原子力発電所の累計発電電力量 2,000億kWh達成(試運転を含む)
平成11年2月 当社原子力発電所の累計発電電力量 4,000億kWh達成(試運転を含む)
平成12年3月

玄海エネルギーパークオープン

玄海エネルギーパークは開館後,年間約30万人のお客さまをお迎えしており,平成18年5月2日には来館者数200万人を達成した。
旧展示館からの累計では,平成21年7月28日に来館者数500万人を達成した。

玄海エネルギーパーク外観

平成13年3月

観賞用温室をオープン

観賞用温室外観

平成13年10月 1,2号機主要機器更新工事終了
平成13年10月 当社原子力発電所の累計発電電力量 5,000億kWh達成(試運転を含む)
平成14年5月 玄海原子力発電所の累計発電電力量 3,000億kWh達成(試運転を含む)
平成16年3月 当社原子力発電所の累計発電電力量 6,000億kWh達成(試運転を含む)
平成17年10月 玄海原子力発電所営業運転開始30周年
平成18年3月 玄海原子力発電所の累計発電電力量 4,000億kWh達成(試運転を含む)
平成18年9月 当社原子力発電所の累計発電電力量 7,000億kWh達成(試運転を含む)
平成21年5月 当社原子力発電所の累計発電電力量 8,000億kWh達成(試運転を含む)
平成21年12月 3号機プルサーマル開始
平成22年2月

玄海原子力発電所の累計発電電力量 5,000億kWh達成(試運転を含む)

記念植樹の様子

記念植樹の様子

平成27年4月 PDFファイル1号機運転終了(246KB)(累計発電電力量1,327億kWh)
平成31年4月 2号機運転終了(累計発電電力量1,197億kWh)