PDFファイルこのマークはAcrobat PDF形式のデータを意味します。ご覧いただくには、Adobe Reader(無料)が必要です。Adobe Readerダウンロード(別ウィンドウ)

設備認定を受けた再生可能エネルギー発電設備での接続契約の締結がお済みでないお客さまへの重要なお知らせ

 改正後のFIT法施行日前日(平成29年3月31日)までに電力会社との接続契約を締結していない場合、一部の例外を除き、取得済みの設備認定が失効し、調達価格も失われます。

(注)詳細は国からのお知らせをご確認ください。

経済産業省資源エネルギー庁ホームページ
平成29年4月1日から固定価格買取制度が変わります(別ウィンドウ) >>

【注意事項】

 太陽光発電設備の場合は、原則として接続契約を締結した時点の調達価格が適用されますが、当社がPDFファイル平成28年5月25日付お知らせ文書(16KB)でお知らせしておりますとおり、年度内の接続契約の締結については、既に申込期日(平成28年6月30日)を超過しております。
 低圧(50kW未満)の場合には、高圧及び特別高圧に比べ短期間で接続契約の締結が可能な傾向にありますが、連系希望地点付近の系統状況によっては、接続検討に時間を要する場合があります。接続契約の締結までどの程度の時間を要するかについては、場所や条件により大きく期間が異なりますので、ご注意ください。

(例外)

 改正後のFIT法施行日前日(平成29年3月31日)までに電力会社との接続契約を締結していない場合でも、以下の場合は猶予期間が設けられます。

  • 認定から施行日までに十分な期間(9ヶ月)を確保出来ない場合は、認定から9ヶ月
  • 電源接続案件募集プロセスの手続きに入っている場合、プロセス終了から6ヶ月

平成28年度末の低圧太陽光(50kW未満)の申込みについて(2017年1月11日更新) >>

「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」の改正に伴う再生可能エネルギー発電設備申込みの対応について(2016年5月25日更新) >>

再生可能エネルギーに関するよくあるご質問 >>

以上