ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

個人のお客さま

  • このリンクをシェア
  • ツイート

磁界の強さの規制

外国での電磁界の規制はどうなっていますか?

欧州では、欧州理事会がICNIRPガイドラインの数値を勧告しており、この勧告に従って、法律に基づき規制をおこなっている国や、法的な拘束力を持たない勧告やガイドラインとして採用している国があります。
また、欧州の一部の国では、磁界の規制値について、予防的な観点からICNIRPガイドラインより低い数値で制限している国がありますが、それに対してWHOは、環境保健基準の中で「恣意的に低い曝露限度の採用に基づく政策は是認されない」との見解を示しています。

国名 制定年 電界 磁界
(kV/m) 区分 (μT) 区分
米国(注1) - - - - -
ドイツ 1997年 5.0 規制 100 規制
イタリア 2003年 5.0 規制 100(注2) 規制
スイス 2000年 5.0 規制 100(注2) 規制
オーストリア 1994年 5.0 ガイドライン 100 ガイドライン
フランス 2001年 5.0 規制 100 規制
スウェーデン 2002年 5.0 勧告 100 勧告
英国 2004年 5.0 ガイドライン 100 ガイドライン
日本 1976年 3.0 規制 - -
2011年 - - 200 規制
ICNIRP 2010年 5.0(50Hz) ガイドライン 200(50Hz) ガイドライン
4.2(60Hz) 200(60Hz)

[規制]:法規に基づいた義務

[ガイドライン、勧告]:法的な拘束をもたない自発的な基準や方針

注1)米国には国レベルの規制はないが、州レベルでは規制を設けているところもある。

注2)スイス、イタリアでは本規制値以外に住宅、病院、学校等の特に気を配ることが必要な場所において、「念のための政策」に基づいた磁界の放出制限値、あるいは、曝露制限値を設けているところもある。

出展:原子力安全・保安部会電力安全小委員会 電力設備電磁界ワーキンググループ報告書
但し、日本の2011年データ及びICNIRPの2010年データは、当社での追記値