ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

個人のお客さま

  • このリンクをシェア
  • ツイート

電気がつかないときは

  • 近所も停電している
  • 自分の家(全部または一部)だけ消えている

近所も停電している。

当社設備が故障しています。

早期復旧に努めますのでしばらくお待ちください。

停電が発生した際に、当ホームページで停電情報をお知らせしております。また、事前に登録いただいたメールアドレスへ、停電情報をメールでお届けするサービスもおこなっております。

自分の家(全部または一部)だけ消えている。

分電盤をご確認ください。

ABCのスイッチが切れていない

最寄の営業所・配電事業所へご連絡ください。

【ご注意】
リミッター機能を計量器に内蔵している場合、リミッターが切れた10秒後に自動で再点灯しますが、ご使用中の電気機器の数を減らしていただいていない場合、再度停電します。
繰り返し停電すると再点灯できなくなる場合があります。その際は、最寄の営業所・配電事業所へご連絡ください。

再点灯までの図

Aリミッター(電流制限器)が切れている

操作

Aを「入」にする。

電気の使いすぎが主な原因です。
ご使用中の電気機器の数を減らし、リミッターのつまみを「入」にしてください。

なお、ご契約アンペアの変更を希望されるときは、最寄の営業所・配電事業所へお申込ください。

B漏電遮断器が切れている

※雷などのショックで切れる場合があります。

操作1

Cをすべて「切」にする

操作2

Bを一度完全に下げ、「切」にしてから「入」にする。
(スイッチが途中で止まっていることがあります)

注)★のボタンがある場合は、ボタンを押してからつまみを上げる。

操作3

Cを一つずつ「入」にする。

  1. 「入」にする途中、Bが切れたら、そのスイッチは「切」にします。
    (そのCのスイッチの回路が漏電している恐れがあるため、そのスイッチを「入」にしたままだと、再度全体が停電してしまいます)
  2. 再度、操作2をおこなった上で、01で「切」にしたスイッチ以外のスイッチを「入」にします。
    (これで漏電の恐れのある部分以外は、電気が使えるようになります)
    ※なお、01で「切」にしたスイッチの回路は漏電している恐れがあるので、保守センターまたは電気工事店にご相談ください。

Cブレーカーが切れている

操作

Cを「入」にする。

切れた回路での電気の使いすぎや電気機器やコードなどの故障が主な原因です。
切れた回路でご使用中の電気機器のプラグをコンセントから抜いたうえで、切れたブレーカーを「入」にしてください。
それでもブレーカーまたは、漏電遮断器が切れた場合は、回路が不良です。お近くの電気工事店などへご相談ください。

印刷用はこちら>> PDFファイル停電時の確認方法(317KB)

ブレーカー等を操作しても停電が解消されない場合や、操作がよくわからない場合等は、最寄の営業所・配電事業所へご連絡ください。