MENU CLOSE

個人のお客さま

電源コードを点検しましょう!

何気なく使っている電源コードですが、使い方を間違えると、火事の原因にもなりかねません。わが家の電源コードを点検してみましょう!

チェック項目

電源コードを締め付けていませんか?

電源コードの上に重いものを置いたり、無理に折り曲げたりすると、電源コードの中の電線が切れて、発火の原因になることがあります。

電源コードを引っ張っていませんか?

掃除機をかけるときなど、引っ張り過ぎないように気をつけましょう。電源コードを引っ張って抜くと、電源コードを痛めることがあり、発火の原因になります。

熱いところに置いていませんか?

電気コンロや電気ストーブなどの熱気を直接受けるところに置くと、早く傷むので注意してください。

束ねたまま使っていませんか?

電気コードを巻いたまま使用すると、放熱しにくくなり、過熱するので危険です。

束ねたまま使っていませんか?のイラスト

配線の素人工事はしていませんか?

電気配線の素人工事は危険です。電気工事店などの専門家に相談しましょう。

プラグを抜くときはコードを引っ張らないで。

アイロンやヘアドライヤーなどの電熱器具は、使った後スイッチを切るだけでなく、必ずコンセントからプラグを抜くようにしましょう。コードを引っ張ると断線やショートの原因となりますので、必ずプラグを持って抜きましょう。

知っておきたいマーク

△に〒マーク

型式認可マーク

電気用品取締法に基づいて、甲種電気用品(配線・配線器具類)について、国が厳重な試験と検査を行い、合格した器具にだけ付けられるマークです。

○にSマーク

第三者認証マーク

電気用品取締法の技術基準に適合している事を第三者認証機関[財団法人 日本電気用品試験所等]が確認し、認証した製品に付けられるマークです。

○型にJISマーク

JIS(日本工業規格)マーク

工業標準化法に基づく国家規格に合格した製品につけられるマークです。

●にGマーク

グッドデザインマーク

通商産業省がデザインと品質の優れた商品を選んでつけるマークです。