MENU CLOSE

個人のお客さま

トラッキング現象にご注意!

プラグを長い期間コンセントに差し込んだままにしておくと、プラグとコンセントの隙間にホコリがたまり、このホコリが原因で発火につながる現象を「トラッキング現象」といいます。

プラグとコンセントの隙間にたまったホコリが湿気を帯びると、火花が出ます。これを長い時間放っておくと、プラグ間に電気が流れ発熱し、発火する「トラッキング現象」が起こります。
家電製品は使用していなくても通電状態であれば、いつでも出火する可能性があります。長時間コンセントを入れたままにする冷蔵庫、テレビやビデオ、パソコンに起こりやすく、キッチンや洗面所など湿気の多い場所も要注意です。

火のないところに煙!? ―トラッキング現象を防ぐポイント―

  • 長時間差し込んだまま使っているプラグは、ときどき抜き、乾いた布でホコリを拭き取りましょう。
  • プラグが変色・変形していたら取替えましょう。
  • 使用しない家電製品は、コンセントから取り外しましょう。
コンセントにほこりがたまっているのイラスト

トラッキング現象による火災は毎年多く発生しています。これらを防ぐためにも、こまめにお手入れしましょう。