ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

VOL.3:2009年5月号:竹山、春の珍問題!

バックナンバー

 これまでに配信したカンニング竹山さんのエッセイのバックナンバーです。

カンニング竹山の“E”はなし
●VOL.3:2009年5月号:竹山、春の珍問題!

 こんにちは。カンニング竹山です。今回は、僕が大人になって年に一回必ず困っていることを書かせてもらいます。それは、誕生日の問題です。僕の誕生日は4月2日となっていますが、実はこれ嘘なんです。もちろん戸籍上は4月2日ですが、本当は1971年の3月30日に生まれたらしいのです。しかし、成長の事などを考えて、親が学年のひとつ変わる4月2日で届けを出したとか。学生時代、意外と同じ境遇の人もいました。あの時は気にならなかったのに、今になって気になるんですよ。親や嫁は3月30日に誕生日を祝ってくれますが、世間は当然4月2日です。要は僕的に年に誕生日が2回やって来るのです。それも3日後に。これが何となく申し訳ない。

 特に番組なんかで占いをしてくれている時があるのですが、4月2日で占ってくれるので、それをどう信じればいいのか困るんです。テレビや新聞、雑誌などの占いコーナーでも3月と4月でどっちを信じるかいつも悩みますし・・。「占いでどっち選ぶかなんておかしかろうもん!」といつも自分で自分をつっこんでます。皆さんはこれ、どう思います。果たして僕の誕生日はいつなのでしょうか?ちなみに今年、4月2日生まれの僕は運気がいいそうです。