ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

新着情報・お知らせ

  • このリンクをシェア
  • ツイート

配電工事作業者の感電死亡事故に関する電気関係事故報告を提出しました

平成27年10月22日
九州電力株式会社
配電工事作業者の感電死亡事故に関する電気関係事故報告を提出しました


 平成27年8月19日、大分県佐伯市における当社が発注した電柱取替工事において、安全に作業を行うための作業マニュアルが遵守されていなかったこと、及び低圧架空電線接続部の絶縁が劣化していたことにより感電死亡事故が発生し、これまで再発防止対策について検討をしてまいりました。

 本日、電気事業法に基づき、九州産業保安監督部に電気関係事故報告を提出のうえ、再発防止対策(注)を報告し、九州産業保安監督部から今回策定した再発防止対策を徹底するよう厳重注意を受けました。

 今回、発生した事故の重大性及び九州産業保安監督部から厳重注意されたことを真摯に受け止め、当社及び工事会社の関係者に対して事故内容等を周知のうえ安全作業の徹底を図るとともに、絶縁劣化状況の点検並びに改修作業を早期に行い技術基準の維持に努めてまいります。

 なお、一般の建設業のかたなど、当社電線の近くで作業をされる場合は感電事故防止の観点から、これまでと同様、必ず最寄りの当社営業所へご連絡をお願いいたします。

以上

(注)再発防止対策の主な内容
(1)作業マニュアルを遵守するための方策
(2)低圧架空電線接続部の絶縁劣化状況を把握するための調査の実施
(3)低圧架空電線接続部の絶縁性能を維持するための方策