ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

発電

  • このリンクをシェア
  • ツイート

従来の運転方法と定格熱出力一定運転

[従来の運転方法(電気出力一定運転)]
原子力発電所では,海水温度が低くなる冬季には熱効率が良くなるので,原子炉熱出力を一定に保って運転をおこなうと電気出力が上昇し,100%を超えてしまうことから,従来,原子炉熱出力を下げて電気出力を一定に保つ「電気出力一定運転」が行われていました。

[定格熱出力一定運転]
「定格熱出力一定運転」とは,特別な運転方法ではなく,原子炉熱出力を国で認められた定格原子炉熱出力(100%)に保ったままで運転することです。これにより,海水温度の低い冬季は電気出力が100%から1~4%程度増加することになります。
なお,外国ではアメリカ,フランス,イギリス,ドイツ,韓国など多くの国で一般的に実施されている運転方法です。

電力出力一定運転と定格熱出力一定運転に関する図説