ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

でんき予報(電力の使用状況)

  • このリンクをシェア
  • ツイート

揚水発電所

「揚水発電所は大きな蓄電池」

 通常の発電機が燃料等の持つエネルギーを、電気エネルギーに変換する「エネルギー変換装置」であるのに対し、揚水発電所は電気エネルギーの蓄積(充電)と放出(放電)を繰り返す「エネルギー蓄積装置」です。
  すなわち、基本的に蓄電池と同じです。

通常の発電機
通常の発電機の図
揚水発電機
揚水発電機の図

(参考)揚水発電の特徴と主な用途

揚水発電の特徴 主な用途
大容量蓄電池としての電力調整能力 電力使用量の大きな時間帯(ピーク時)への対応とともに、時々刻々と変化する電力の使用量にあわせて発電量を調整でき、効率的な電力の安定供給に寄与
迅速な起動能力
(通常の火力機では起動~最大出力まで半日~数日程度要するが、揚水発電機は緊急起動~最大出力まで2分程度)
他の発電機がトラブル等で発電できなくなった場合に、緊急起動することによって電力需給面での迅速な対応が可能
(頼りになる予備力)
1日の電気の使われ方と発電所の使い方の図
ただし、「充電しなければ発電できない」「充放電1サイクルで、約30%のエネルギーロスがある」ため、長時間の供給力としては期待できない。

「電源ベストミックス」としては、揚水発電所は総発電設備容量の1割程度が適当
(当社では、総発電設備容量2,354万kWに対して、揚水発電設備容量は230万kW)