ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
お知らせ

2021年11月30日
九州電力株式会社

玄海原子力発電所3号機の1次冷却材中よう素濃度の監視強化を実施します

 玄海原子力発電所3号機(加圧水型軽水炉、定格電気出力118万キロワット)は、通常運転中のところ、本日、燃料集合体の健全性を確認するため、定期的に測定している1次冷却材中のよう素濃度が、これまでの値に比べ若干上昇したことが認められました。
 よう素濃度は、保安規定の運転上の制限値を十分下回っており、運転継続に安全上の問題はありませんが、監視強化を行い万全を期すこととしました。
 なお、本事象による環境への放射能の影響はありません。

(参考)

  • 1次冷却材中のよう素濃度
    • 11月30日の測定値 : 0.74 Bq/cm
    • 11月29日迄の測定値: 0.11 Bq/cm程度
      (保安規定のよう素濃度制限値: 63,000 Bq/cm

以上