ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

八丁原バイナリー発電施設のRPS法認定について

平成17年2月25日
九州電力株式会社

八丁原バイナリー発電施設のRPS法認定について


 当社は,環境負荷が小さいことや自然エネルギー及び国内資源の有効利用といった観点から,大分県玖珠郡九重町の八丁原発電所(地熱発電所: 55,000kW かける 2)構内に,比較的温度の低い地熱資源を利用できる地熱バイナリー発電方式を採用した八丁原バイナリー発電施設(2,000kW)を設置し,平成16年2月18日から実証試験を実施しております。

 このたび,本施設が, 2月24日付けで,RPS法(電気事業者による新エネルギー等の利用による特別措置法)対象の発電設備として認定を受けました。

 地熱を利用した発電設備で,RPS法の認定を受けたのは,本施設が全国で初めての事例となります。



以上


添付ファイル PDFファイル (参考)八丁原バイナリー発電施設の概要 (12KB)
PDFファイル 地熱バイナリー発電方式について (16KB)