ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース
平成19年2月19日
九州電力株式会社

NTPCとの交流協定の締結について


 当社は,NTPC(インドの政府系火力発電会社)と2月19日に福岡において交流協定を締結しました。
 NTPCは,インド政府が 89.5%を出資するインド最大の発電会社で,インド全体の発電設備容量の約20%を保有し,インドの28%の電力を発電しています。
 当社としましては,NTPCとの交流を通じて相互理解を深めながら,発電・環境分野等に関する情報交換を行い,今後の事業展開に備えたいと考えています。

【交流協定の概要】
○交流の内容: 発電・環境分野等に関する情報交換 等
○締結日: 平成 19年2月19日(月曜日)
○締結者:
当社側  松尾新吾 代表取締役社長
NTPC側  T.サンカラリンガム会長

(参考)  NTPCの概要
○会社設立: 1975年1月
○本社所在地: ニューデリー
○従業員数: 21,870人( 2006年3月末)

○インド全国に石炭火力発電所(13カ所)とガス石油火力発電所(7カ所)を保有(設備容量:2,394万kW)

○2005年度発電電力量: 1,709億kWh
○2005年度売上高: 8,683億円
○株主は政府 89.5%,民間10.5%で,インドナショナル証券取引所に上場


以上