ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース
平成19年3月1日
九州電力株式会社

九州高原開発株式会社の100%子会社化とゴルフ場のリニューアルオープンについて


 九州電力グループの九州高原開発株式会社は,大分県由布市において,ゴルフ場事業とホテル事業をおこなっておりますが,新たな事業展開に向けて,平成19年2月26日に減資・増資を行い,当社の100%子会社となりました。

  今後は,新たな経営陣の下で,ゴルフ場事業に特化して事業を推進することとし,若い世代から女性,団塊の世代を含めた幅広いお客さまにお楽しみいただけるよう,以下のように九州一のゴルフコースを目指し,平成19年4月8日にリニューアルオープンします。

  • 雄大な自然の中,深い森でセパレートされたコースレイアウトのもと,プロゴルファーによるコースチェックなどきめ細かく整備された一流コース
  • アスリート派から女性やシニアまでゴルフの奥深さや楽しさが味わえるコース設定
  • プレーの疲れを癒す温泉を備えた,落ち着きのあるクラブハウスへの改修
  • 会員やビジター来場者のみなさまに喜ばれる各種イベントの開催
  • ジュニアの育成支援を通じた地域スポーツの振興
  • 「湯布院カントリークラブ」の名の下での湯布院温泉との連携
以上

【九州高原開発株式会社の概要】
1 本店所在地 福岡市中央区渡辺通二丁目1番82号(電気ビル別館内)
2 主な事業内容
ゴルフ場事業: 湯布院カントリークラブ
(旧称:「九重カントリークラブ」)
ホテル事業:九重レークサイドホテル
(大分県由布市湯布院町川西2174-3)
3 資本金 1億5千万円(資本準備金1億5千万円)
(平成19年2月26日:4億円の減資,3億円の増資実施)
4 主な役員 代表取締役社長 横江 信義(九州電力株式会社 取締役)
代表取締役常務 甲斐 誠