ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

平成19年9月19日
九州電力株式会社

今夏の災害の対応状況について


1 今夏の災害の概要について
  •  これまでに2個の台風が九州に上陸しました。
  •  7月19日には、平戸瀬戸海峡を横断する送電線にクレーン船が接触し、送電線が断線する事故が発生しましたが、当日中に仮復旧を行い、9月4日に本復旧を終了しました。
 

台風4号
7月14日(上陸)

台風5号
8月2日(上陸)
クレーン船
接触事故
7月19日
【参考】
平成18年台風13号
9月17日(上陸)
主な停電地域 宮崎、鹿児島 大分、宮崎 平戸市他 福岡、佐賀、長崎
最大停電戸数 4.2万戸 2.9万戸 3.0万戸 78.6万戸
主な設備被害 電柱:約2.5百本 電柱:約2百本 6万ボルト送電線
2条断線
電柱:約17百本
動員状況 約5千人 約4千人 約7百人 約7千人

2 災害に備えた対応について
(1) 本年7月より当社ホームページで停電情報及び復旧見込み情報の提供を開始(添付資料1参照)
  •  停電戸数については、従来、当社営業所単位に提供していたものを、県及び市区町村単位での提供に切り替えました。
  •  新たに、復旧見込み情報を、県及び市区町村単位で提供を開始しました。
  •  ホームページについては、パソコン版と携帯電話版にて提供しています。
ホームページへのアクセス実績 (千件)
  台風4号 台風5号 クレーン船
接触事故
【参考】
平成18年台風13号
パソコン版 339 241 120 114
携帯電話版 69 59 19 63
合計 408 300 139 177
注:数字は最大アクセス日の日計

(2) 大型ヘリコプターによる高圧発電機車の輸送技術を全国で初めて確立(添付資料2参照)
  •  当社は、陸上自衛隊西部方面隊の協力を受け、平成18年12月にの大型ヘリコプターで輸送可能な高圧発電機車を全国で初めて開発しました。
     これにより、災害時に山間部の集落が孤立した場合でも、停電の早期復旧が可能となりました。
  •  9月2日の熊本県主催の総合防災訓練において、陸上自衛隊西部方面隊と共同で、大型ヘリコプターによる高圧発電機車の輸送訓練を行いました。
以上
添付ファイル PDFファイル (添付資料1) (632KB)
PDFファイル (添付資料2) (223KB)