ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

平成19年11月30日
九州電力株式会社

発電設備に係る点検結果に対する再発防止策の実施状況について


 当社は、平成19年5月21日付で経済産業省原子力安全・保安院に提出しました「発電設備に係る点検結果に対する再発防止策の具体的な行動計画」について、平成19年度上期の実施状況をとりまとめましたので、お知らせいたします。

 今後も、再発防止策の具体的な行動計画の着実な実施により、企業倫理に則った透明性の高い公正な事業活動を展開し、社会の皆さまとの信頼関係の回復に努めてまいります。


1 再発防止策の実施状況

再発防止策は、すべての項目について計画どおり実施しています。
(詳細は、添付資料をご覧下さい)


2 主な再発防止策の実施内容

再発防止策 実施内容
コンプライアンス
意識向上策
全従業員に対する社長メッセージの発信
「経営トップ層と社員との対話」の実施
コンプライアンス教育・研修の継続実施 等
業務運営面での対策
関係法令に関する教育の充実
関係法令解説、手続き事例等のマニュアル等への織込み
本店主管部門と運転・保全担当箇所とのコミュニケーションの充実 等
経済産業大臣
指示文書等への対応
保安教育の徹底
保安規程変更届出、保安規定変更申請
発電部門事故情報等に関する社内意見交換会の設置 等

以上

添付資料 PDFファイル ・ 再発防止策の具体的な行動計画に基づく実施状況[全体計画] (10KB)