プレスリリース

平成28年1月7日
九州電力株式会社

新大分発電所3号系列(第4軸)の試運転開始について

 当社が大分県大分市にて建設中の新大分発電所3号系列(第4軸)は、平成25年7月の着工以来、土木建築工事、機器据付工事を進めてまいりましたが、本日より、試運転による発電を開始いたしました。
 今後は、順次出力を上昇し、機器の調整、性能確認、法令に定められた各種検査などを行い、平成28年7月より営業運転を開始する予定です。

 3号系列(第4軸)は、最新鋭で高効率の発電設備であり、営業運転開始により、電力の安定供給、エネルギーの有効利用及びCO2削減に寄与できるものと考えております。

 試運転におきましても、安全・防災はもとより環境保全に万全を期してまいります。

新大分発電所3号系列(第4軸)の概要
所在地 大分県大分市大字青崎4番1
出力(注) 45.94万kW
発電方式 複合発電(コンバインドサイクル)
燃料 液化天然ガス
(注) 工事開始時点では、48万kWで計画しておりましたが、他社先行同型機の蒸気タービン不具合に対する暫定対策実施後の出力です。
主な経緯
平成25年7月11日 工事着工(工事計画届出)
平成25年10月2日 工事開始
平成26年12月 機器据付開始
平成28年1月 試運転開始
平成28年7月(予定) 営業運転開始

以上