MENU CLOSE

プレスリリース

2020年4月15日
九州電力株式会社
塚原つかばる発電所1号機の営業運転を開始しました

 当社は、宮崎県東臼杵郡諸塚村ひがしうすきぐんもろつかそんにおいて、2014(平成26)年5月から塚原発電所の更新工事(1号機:出力33,300kW、2号機:出力33,300kW)を進めてまいりましたが、このたび1号機の使用前自主検査を終了し、本日、営業運転を開始しましたので、お知らせします。

 1938(昭和13)年に運転開始した塚原発電所の水車発電機及び建屋などの高経年化対策を目的とした本工事では、水車発電機を4台から2台に統合し、過去の浸水被害を踏まえ、被害を受けにくい隣接地点に発電所を設置しました。

 なお、2号機については、本年5月に運転開始予定です。

 当社は、今後も地球温暖化への対応及び国産エネルギー有効活用の観点から、再生可能エネルギーの積極的な開発、導入に努めてまいります。

塚原発電所の概要

発電所の所在地 宮崎県東臼杵郡諸塚村大字家代字榎木谷2470番1
水系及び河川名 耳川水系耳川、七ツ山川及び柳原川
最大使用水量 74.7㎥/s
有効落差 98.37m
最大出力 67,050kW
1号機:33,300kW(今回運転開始)
2号機:33,300kW(本年5月運転開始予定)
5号機:450kW(運転中)
年間発電電力量 約24,360万kWh(注)

(注)一般家庭約81,000世帯分に相当
   (一家庭あたり年間使用量3,000kWhで算定)

位置図

位置図