MENU CLOSE

個人のお客さま

節電・節約手法をご紹介します

一年を通じて効果があるもの

冷蔵庫

設定温度を適切にする
周囲温度22度で、設定温度を「強」から「中」にした場合
約110円/月
壁から適切な間隔で設置
上と両側が壁に接している場合と上と片側が壁に接している場合との比較
約80円/月
ものを詰め込み過ぎない
詰め込んだ場合と、半分にした場合との比較
約80円/月
無駄な開閉はしない
JIS開閉試験(注)の開閉をおこなった場合と、その2倍の回数をおこなった場合との比較
(注)JIS開閉試験:冷蔵庫は12分ごとに25回、冷凍庫は40分ごとに8回で、開放時間はいずれも10秒
約20円/月
開けている時間を短くする
開けている時間が20秒間の場合と10秒間の場合との比較
約10円/月
熱いものは十分に冷ましてから
麦茶やシチューなどを温かいまま入れるのはやめましょう。庫内の温度が上がり、冷やすのに余分なエネルギーがかかります。

照明

LEDに取り替える
白熱電球の場合
54Wの白熱電球を11WのLEDへ交換した場合との比較
約160円/月
蛍光ランプの場合
12Wの蛍光ランプを11WのLEDへ交換した場合との比較
約4円/月
照明をこまめに消す
白熱電球の場合
54Wの白熱電球1灯の点灯時間を1日1時間短縮した場合との比較
約40円/月
蛍光ランプの場合
12Wの蛍光ランプ1灯の点灯時間を1日1時間短縮した場合との比較
約10円/月
こまめな掃除でいつも明るく
ランプやかさが汚れてくると明るさが低下します。定期的なお掃除を忘れずに。

テレビ

画面の明るさを最適にする
プラズマの場合
画面の輝度を最適(最大→中央)に調節した場合(42V型)
約270円/月
液晶の場合
画面の輝度を最適(最大→中央)に調節した場合(32V型)
約50円/月
見る時間を短縮する
プラズマの場合
1日1時間テレビ(42V型)を見る時間を減らした場合
約100円/月
液晶の場合
1日1時間テレビ(32V型)を見る時間を減らした場合
約30円/月
消すときは主電源をOFFに
リモコンで電源を切っても少量の電気が使われています。寝る前や長時間外出するときは、本体の主電源を切りましょう。旅行などで長く使わないときはプラグを抜きましょう。
ゲームが終わったらテレビもOFF
テレビゲーム機の電源を消すと、テレビ画面には何も映っていませんが、テレビの電源は入ったままです。必ずテレビの電源も切るよう気を付けましょう。

洗濯機・ 洗濯乾燥機

洗濯物はまとめ洗いをする
定格容量(洗濯・脱水容量6kg)の4割を入れて洗う場合と、8割を入れて洗う場合との比較
約10円/月
洗剤は適量を守って
洗剤を適量以上入れても洗浄力は変わりません。かえってすすぎの時間が余計にかかり、電気や水の無駄づかいになります。すすぎが1回で済む洗剤もあります。

電気ポット

長時間使用しないときはプラグを抜く
ポットに満タンの水2.2リットルを入れ沸騰させ、1.2リットルを使用後、6時間保温状態にした場合と、プラグを抜いて保温しないで再沸騰させて使用した場合との比較
約190円/月
保温温度は低めで
必要なときに沸かし、保温は低めの温度で。使わないときはプラグを抜いておきましょう。

温水洗浄便座

使わないときはフタを閉める
フタを閉めた場合と、開けっぱなしの場合との比較(貯湯式)
約60円/月
便座暖房の温度は低めに設定する
便座の設定温度を一段階下げた(中→弱)場合(貯湯式)
(注)冷房期間は便座暖房をOFF
約50円/月
洗浄水の温度は低めに設定する
洗浄水の温度設定を年間一段階下げた(中→弱)の場合(貯湯式)
約20円/月
寒い季節だけ
一年を通してつけっぱなしにするのは大きな無駄。必要な時だけ使うようにしましょう。便座や洗浄水の温度も控えめに。
(注)暖房期間:周囲温度11度 中間期:周囲温度18度 冷房期間:周囲温度26度で算出

パソコン

使わない時は、電源を切る
デスクトップ型の場合
1日1時間利用時間を短縮した場合
約60円/月
ノート型の場合
1日1時間利用時間を短縮した場合
約10円/月
電源オプションの見直しをする
デスクトップ型の場合
電源オプションを「モニタの電源をOFF」から「システムスタンバイ」にした場合(3.25時間/週、52週)
約20円/月
ノート型の場合
電源オプションを「モニタの電源をOFF」から「システムスタンバイ」にした場合(3.25時間/週、52週)
約3円/月

待機電力

使わない時はプラグを抜くか、スイッチ付タップでカットする。
約520円/月

夏季に効果があるもの

エアコン

冷房時の室温は28度を目安に設定する
外気温31度の時、エアコン(2.2kW)の冷房設定温度を27度から28度にした場合 (使用時間9時間/日)
約180円/月
冷房は必要な時だけつける
冷房を1日1時間短縮した場合  (設定温度:28度)
約110円/月
フィルターを月に2回程度清掃する
フィルターが目詰りしているエアコン(2.2kW)とフィルターを清掃した場合の比較
約80円/月
窓にはカーテンやブラインドを
カーテンやブラインド、断熱フィルムで窓から出入りする熱を遮断すると冷暖房効率がアップします。
扇風機を上手に活用
エアコンと扇風機を併用すると、扇風機の風が冷気や暖気を部屋中に行き渡らせるので、設定温度を控えめにしても冷暖房効果が上がります。
室外機の周りはふさがずに
植木鉢やごみ箱などで吹き出し・吸い込み口をふさぐとエネルギー効率が悪くなります。

運転期間:
暖房期間:5.5ヶ月(10月28日〜4月14日)169日、
冷房期間:3.6ヶ月(6月2日〜9月21日)112日で算出

運転時間:
一般社団法人 日本冷凍空調工業会規格JRA4046:ルームエアコンディショナの期間消費電力量算出基準
9時間/日[期間中1日あたりの主機能動作平均時間として想定]で算出

冬季に効果があるもの

エアコン

暖房時の室温は20度を目安に設定する
外気温6度の時、エアコン(2.2kW)の暖房設定温度を21度から20度にした場合(使用時間9時間/日)
約210円/月
暖房は必要な時だけつける
暖房を1日1時間短縮した場合(設定温度:20度)
約160円/月
フィルターを月に2回程度清掃する
フィルターが目詰りしているエアコン(2.2kW)とフィルターを清掃した場合の比較
約80円/月
窓にはカーテンやブラインドを
カーテンやブラインド、断熱フィルムで窓から出入りする熱を遮断すると冷暖房効率がアップします。
扇風機を上手に活用
エアコンと扇風機を併用すると、扇風機の風が冷気や暖気を部屋中に行き渡らせるので、設定温度を控えめにしても冷暖房効果が上がります。
室外機の周りはふさがずに
植木鉢やごみ箱などで吹き出し・吸い込み口をふさぐとエネルギー効率が悪くなります。

運転期間:
暖房期間:5.5ヶ月(10月28日〜4月14日)169日、
冷房期間:3.6ヶ月(6月2日〜9月21日)112日で算出

運転時間:
一般社団法人 日本冷凍空調工業会規格JRA4046:ルームエアコンディショナの期間消費電力量算出基準
9時間/日[期間中1日あたりの主機能動作平均時間として想定]で算出

電気カーペット

設定温度は低めにする
3畳用で、設定温度を「強」から「中」にした場合(1日5時間使用)
約730円/月
広さに合った大きさを選ぶ
3畳用と2畳用との比較(室温20度の時、設定温度が「中」の状態で1日5時間使用)
約350円/月
人のいない部分はスイッチOFF
分割して暖める機能が付いている場合は、人のいない部分は暖めないようにしましょう。
断熱マットで効率アップ
フローリングなどの床にじかに敷くと、熱が床に逃げて暖房効率が下がります。カーペットの下に断熱マットなどを敷いて熱の逃げを防ぎましょう。
使用期間:5.5ヶ月(10月28日〜4月14日)169日で算出

こたつ

設定温度は低めにする
1日5時間使用で、温度調節を「強」から「中」に下げた場合
約190円/月
こたつ布団に、上掛けと敷布団を併用する
こたつ布団だけの場合と、こたつ布団の上掛けと敷布団を併用した場合の比較(1日5時間使用)
約130円/月
使用期間:5.5ヶ月(10月28日〜4月14日)169日で算出
  • (注1)節約金額は一般財団法人 省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」の省エネ試算値及び一般社団法人照明学会「住まいの照明省エネBOOK」の節電効果を基に新単価により算出した額です(消費税込)。
  • (注2)節約金額は、燃料費調整額等は含みません。
  • (注3)節約効果は、製品の性能、ご使用条件などにより異なる場合があります。
節電を意識しすぎるあまり、衛生面及び安全面で不適切なものとならないようご注意ください。
このほかにも、ご家庭の省エネに関する様々な情報をお伝えしています。
詳しくはこちらをご覧ください。
キレイライフプラス(別ウィンドウ)