MENU CLOSE

個人のお客さま

ご契約手続き(高圧・特別高圧の場合)

お客さまが再生可能エネルギー発電設備を設置、もしくは変更され、当該設備で発電した再生可能エネルギー電気について、買取りを希望される場合は、当社窓口へのお申込みが必要となります。買取りを開始するまでに必要な手続きの主な流れは次のとおりです。

なお、詳細な受付手続きについては事業用再生可能エネルギー発電系統連系受付要領をご覧ください。

ご契約の流れ

申込代行者さま・お客さま ⇔ 九州電力
下矢印

約1か月

申込代行者さま・お客さま ⇒ 九州電力
下矢印

(注)2か月または3か月以内

九州電力 ⇒ 申込代行者さま・お客さま
下矢印
申込代行者さま・お客さま ⇒ 九州電力
申込代行者さま・お客さま ⇔ 国
下矢印
申込代行者さま・お客さま ⇔ 九州電力
下矢印
九州電力
下矢印
お客さま ⇔ 九州電力
下矢印
お客さま ⇔ 九州電力

ご契約手続き詳細

1 事前相談(任意)

申込代行者さま・お客さま ⇔ 九州電力

  • 接続検討申込前に、無償にて、系統連系希望地点における連系制限の有無等を確認することができます。
  • 当社受付窓口に、持参、ファックス、Eメール等でお申込みください。

申込書は下記のページからご参照ください。

  • 系統連系を希望する場合は、別途接続検討の申込みが必要となります。
  • 接続検討では、事前相談の回答と異なる結果となる可能性があります。
下矢印

2 接続検討申込

申込代行者さま・お客さま ⇒ 九州電力

  • 系統電圧・周波数への影響や必要となる設備工事の内容等の確認のため、接続検討申込をおこなっていただきます。

申込書は下記のページからご参照ください。

  • 所定の「接続検討申込書」及び添付書類一式を、正1通、副2通の合計3通作成し、当社受付窓口に郵送(書留・レターパック)にて提出していただきます。
  • 1受給地点1検討につき20万円に消費税等相当額を加算した金額を検討手数料として申し受けます。
  • 接続検討は、接続検討料の入金を確認し、かつ接続検討に必要な申込書類が全て揃った後に着手します。
下矢印

3 接続検討結果の回答

九州電力 ⇒ 申込代行者さま・お客さま

  • 接続検討結果は、検討終了後すみやかにかつ高圧連系で500kW未満の場合は2か月以内、その他の場合は3か月以内にお知らせします。
  • 上記期間内に接続検討結果の通知ができない場合は、その理由、進捗状況及び回答時期の見込みを事前にお知らせします。
  • 接続検討結果として、連系可否、連系設備工事の概要、概算工事費等をお知らせします。
  • 接続検討結果は、原則として接続検討料の入金確認時点の系統の状況及びその時点において、優先順位の高い他のプロジェクトが系統連系することを前提に検討します。
  • 接続検討結果は、連系可能規模及び連系の権利等を保証するものではありません。
  • 優先順位の高い他のプロジェクトの連系等の系統状況の変化や運用上の制約、その他の理由により、接続検討結果から連系可能規模や工事費負担金、工期が大幅に変更となる場合や、接続検討時の連系予定の系統に連系できない場合があります。
下矢印

4 接続契約申込

申込代行者さま・お客さま ⇒ 九州電力

  • 当社系統へ連系を希望される場合、接続検討結果の確認後、接続契約申込をおこなっていただきます。
  • 所定の「接続契約申込書」を正1通、副2通の合計3通作成し、当社受付窓口に郵送(書留・レターパック)にて提出していただきます。

申込書は下記のページからご参照ください。

(注)接続検討結果の回答後、同時申込の場合は「意思表明書」を提出していただきます。(接続検討結果の回答後に接続契約申込書を提出いただく場合は「意思表明書」の提出は不要です。 )

  • 同時申込の場合は「意思表明書」、同時申込でない場合は「接続契約申込書」(以下、「優先順位決定書類」)送付の消印日順で連系優先順位を決定します。
  • 優先順位決定書類受付後、接続検討から系統の状況に変更がないか確認を行います。
  • 接続検討時から系統の状況に変更があった場合には、別途接続検討料を申し受け、再度技術検討を行う場合があります。この場合、系統状況の変化や運用上の制約、その他の理由により、連系可能規模や工事費負担金が大幅に変更となる場合や、接続検討時の連系予定の系統に連系できない場合があります。

事業計画認定手続き

申込代行者さま・お客さま ⇔ 国

下矢印

5 連系承諾、工事費負担金の請求・入金

申込代行者さま・お客さま ⇔ 九州電力

  • 「系統連系に係る契約のご案内」にて、連系の承諾(接続契約の成立)をお知らせするとともに、工事費負担金を請求します。
  • 当社系統への連系に伴い、当社が電力設備を新たに建設・変更する場合、工事費を負担していただきます。
  • 工事費負担金入金後、詳細設計および工事に着手します。
下矢印

6 詳細設計

九州電力

  • 系統連系が可能で、系統連系手続の継続を希望された場合、必要に応じ調査・測量し、工事設計を行います。
  • 申込を撤回された場合、詳細設計に要した費用(調査・測量費用等)については、負担していただきます。
下矢印

7 契約手続き

お客さま ⇔ 九州電力

  • 系統連系にあたり、発電設備系統連系サービス契約書、給電運用申合せ書、電力受給契約のご案内を発行いたします。
  • 受給契約締結には事業計画認定書(写)の提出が必要となりますので、認定取得後、速やかに当社へご提出ください。
  • 当社への電力供給に際し、電力受給契約書を締結しない場合は、買取開始日や買取単価等のご契約内容を記載した「電力受給契約のご案内」を当社から送付いたします。
下矢印

8 受給開始

お客さま ⇔ 九州電力

  • お客さまと協議のうえ、受給開始日を決定します。
  • 計量器取付工事終了後、当社電力系統とお客さまの発電設備の接続状況を確認させていただきます。

(注)

  • 当社供給設備の変更が必要となる場合や、お客さまからのお申込みが集中する場合など、ご希望の日に買取りを開始できない場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 事前相談及び接続検討の結果は、連系可能規模及び連系の権利等を保証するものではありません。
    連系承諾までに連系可能規模や工事費負担金、工期が大幅に変更になることや、接続検討時の連系予定の系統に連系できないことがあります。
    この場合、お客さまに損害が生じたとしても当社は一切の責任を負いませんので、先行して工事着手や物品発注を行うにあたっては、上記リスクがあることを十分踏まえてください。