ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

送電線・配電線

  • このリンクをシェア
  • ツイート

九州電力供給エリアでの電圧変動の発生について

九州電力供給エリアにおいて、晴天でかつ電力需要が少ない時期の昼間帯に、電圧が繰り返し変化し、照明がチラつく現象(電圧フリッカ)が発生しております。
このため、10kW以上の低圧太陽光発電事業者さまへ保護装置の設定変更を依頼するなどの電圧フリッカ防止対策を進めています。

≪電圧フリッカのイメージ≫

電圧フリッカのイメージ

九州電力からのお知らせ

感電や停電について

電圧フリッカによる感電などの保安面の問題はなく、停電は発生しません。

電化製品への影響について

照明がチラつくのみで、その他家電製品への影響は確認されておりません。
チラつきが気になるようでしたら、照明の電源をお切りになるなどの対応をお願いします。

なりすまし詐欺などについて

弊社では、電圧フリッカ発生を抑制するための機器などの販売はおこなっておらず、機器などの販売目的でお客さまを訪問することや、電話連絡をすることはありません。

ご相談窓口

電圧フリッカの発生により、ご心配な事項などがございましたら、最寄りの営業所・配電事業所へご相談ください。