MENU CLOSE

送配電

2020年4月、送配電部門は「九州電力送配電株式会社」へ

九州電力送配電のロゴ

電気事業法の改正により、2020年4月、送配電部門は「九州電力送配電株式会社」になります。

分社後も「九州電力送配電」として、これまでと変わらず「九州のすべてのお客さまに良質な電気を安定的にお届けする」という使命を果たしていきます。

法の改正により、送配電部門を分社化します。

電気事業法の改正により、発電・小売部門と送配電部門が同一会社で業務を運営することが禁止される(法的分離(注))ため、当社の送配電部門を分社化する必要があります。

当社は、これまで、発電・送配電・小売の各部門を一貫体制で運営してきましたが、2020年4月以降は、発電・小売部門を有する九州電力のもと、送配電部門を「九州電力送配電」として分社化します。

分社化のイメージ

現状

九州電力で発電・送配電・小売の各部門を一貫体制で運営

現状のイメージ

2020年4月以降

発電部門・小売部門を有する九州電力のもと、送配電部門を「九州電力送配電」として分社化

2020年4月以降のイメージ

(注)法的分離ってなに?

電気事業法の改正により、電力会社は、送配電部門の一層の中立性を確保するため、2020年4月に送配電部門を法的分離方式により別会社化しなければならないことが決まっています。

別会社化される送配電会社は、全ての発電・小売電気事業者に対し、中立・公平に対応することが求められますが、一方で、資本関係は許容されており、これにより、グループでの資金調達やグループ一体での緊急時の対応が可能となります。

なお、法的分離の方式には、主として以下の2方式があり、当社は②発電・小売親会社方式を採用します。

法的分離の図

ロゴマークが変わります。

送配電部門がこれまで使用してきた九州電力のロゴマークは、分社後、「九州電力送配電」のロゴマークに変わります。このロゴマークは、「九州電力送配電」の事業所や変電所の看板、車両、作業服等に使用していきます。

「九州電力送配電」ロゴマーク

「つながり」を表す円と「電気」を表すマークで構成され、安定的に電力を送り続けるという九州電力送配電の使命を表現しています。さらに、両者を九州(Q-shu)のQになるように配置することで、九州に根差し、九州とともに発展していくという意志を込めています。なお、円の青色は九電グループのコーポレートカラーであり、グループの一員として一体的に地域の発展に貢献する姿勢を、電気を表すマークの黒は「何色にも染まらない」という送配電事業者としての中立的な姿勢を表しています。

分社後も、停電時は両社で連携して復旧対応します。

これまで、災害などによる大規模停電が発生すると、全社一丸となって、停電場所、復旧見込みなどの情報を共有し、迅速な復旧に努めてきました。

分社後も、非常時等については、これまでと同様に、両社で連携して復旧対応していきます。

分社後も、離島への供給体制は変わりません。

離島については、発電からお客さまへ電気をお届けするまでを送配電部門が一貫体制で運営しています。

分社後も、「九州電力送配電」として、これまでと変わらず、一貫体制で電気をお届けします。