MENU CLOSE

信頼向上に向けた取組みについて

電力自由化 <2015(平成27)年度>

主なご意見・ご要望

  • 自由化については今後どうなっていくのか分かりにくいため、一般のかたにも分かりやすいサービスの提示や内容説明が必要
  • 自由化に関しては、一般消費者があまり難しいことを考えずとも、正しく選択ができるような政策・制度の整備が必要
  • 競争を追及していくことは必要なことだが、地域の人々の生活を支えていくという視点で会社運営をしてほしい
  • 当社ならではのメリットが必要。自由化後は、サービス内容とそれを提供できる仕組みが整っているかが問われてくる
  • 電気の使い方は様々であるため、メリットがある使い方の提案があれば当社への信頼が高まるのではないか
  • 今後、サービス面の重要性は増してくるため、地元のお客さまの声にも真摯に耳を傾ける事が大事

取組みの方向性

  • 当社小売部門へエネルギーに関する営業を一元化し、エネルギーに関する様々なサービスの最適な組合せをワンストップで一括提案するとともに、平成28年4月から開始された電力小売全面自由化にあわせて、多様化するお客さまの様々なライフスタイルや生活パターンにあわせてお選びいただけるよう料金プランの「ラインナップ充実」を図ることとし、「新料金プラン」を創設しました。
  • また、お客さまのエネルギーに関する様々なニーズにお応えしていくため、ガス小売事業に本格参入し、電気とガスの総合的なエネルギーサービスを展開してまいります。
    電力の小売全面自由化後においても、お客さまから信頼され、選ばれ続けるために、引き続き、お客さまの声をもとに、料金プラン・サービスの拡大に取り組んでいきます。

お客さまの声を事業運営に反映する仕組み

お客さまの声を事業運営に反映する仕組みのイメージ