MENU CLOSE

個人のお客さま

託送料金相当額について

託送料金相当額とは、お客さまへの電気の供給に必要となる送配電ネットワーク利用料金に相当する金額であり、お客さまのご契約内容と電気ご使用量を九州電力送配電株式会社の託送供給等約款に当てはめて算出した参考値です。 このページでは、低圧お客さまの託送料金相当額を算出する計算方法をご案内します。

低圧従量制お客さまの託送料金相当額の計算方法

低圧従量制お客さまにつきましては、電気ご使用量に低圧託送料金平均単価(注1)を乗じることで託送料金相当額(注2、3、4)をお求めになれます。

託送料金相当額の計算方法 託送料金相当額=お客さまの電気ご使用量kWh×低圧託送料金平均単価 税込9円13銭

(注1)九州電力送配電株式会社の託送供給等約款により算定したものです。

(注2)電気料金に含まれる送配電ネットワーク利用料金相当分を再掲したものであり、参考値です。

(注3)離島ユニバーサルサービス調整は加味しておりません。

(注4)法律で定められた賠償負担金相当額(税込0円08銭)(注5)および廃炉円滑化負担金相当額(税込0円02銭)(注6)を含みます。

(注5)賠償負担金相当額とは、福島第一原子力発電所事故以前から原子力損害の賠償のために備えておくべきであった費用に相当する金額です。

(注6)廃炉円滑化負担金相当額とは、原子力依存度の低減というエネルギー政策の基本方針の下、原子力発電所を円滑に廃炉するための費用に相当する金額です。

定額制お客さまの託送料金相当額の計算方法

お客さまのご契約内容に合わせて以下の表より託送料金相当額(注1、2、3)をご確認ください。

契約種別 区分 託送料金
相当額(税込)
賠償負担金
相当額
(税込)(注4)
廃炉円滑化
負担金相当額
(税込)(注4)
定額電灯
公衆街路灯A
農事用電灯
電灯 10Wまでの1灯につき 34円27銭 0円31銭 0円08銭
10Wをこえ20Wまでの1灯につき 68円53銭 0円62銭 0円16銭
20Wをこえ40Wまでの1灯につき 137円06銭 1円24銭 0円31銭
40Wをこえ60Wまでの1灯につき 205円59銭 1円86銭 0円47銭
60Wをこえ100Wまでの1灯につき 342円65銭 3円11銭 0円77銭
100Wをこえる1灯につき 342円65銭 3円11銭 0円77銭
小型機器 50VAまでの1機器につき 102円34銭 0円93銭 0円23銭
50VAをこえ100VAまでの1機器につき 204円69銭 1円86銭 0円46銭
100VAをこえる1機器につき50VAまでごとに 102円34銭 0円93銭 0円23銭
臨時電灯A
(1日につき)
総容量が50VAまでの場合 3円04銭 0円03銭 0円00銭
総容量が50VAをこえ100VAまでの場合 6円07銭 0円05銭 0円01銭
総容量が100VAをこえ500VAまでの場合100VAまでごとに 6円07銭 0円05銭 0円01銭
総容量が500VAをこえ1kVAまでの場合 60円73銭 0円50銭 0円13銭
総容量が1kVAをこえ3kVAまでの場合1kVAまでごとに 60円73銭 0円50銭 0円13銭
臨時電力
(1日につき)
契約電力0.5kWまでの場合 44円58銭 0円27銭 0円06銭
契約電力1kW以上5kWまでの1kWごとに 89円16銭 0円53銭 0円13銭
深夜電力A 1契約につき 913円00銭 8円00銭 2円00銭
農事用電力B
(1日につき)
契約電力0.5kW 15円02銭 0円13銭 0円03銭
契約電力1kW 30円03銭 0円26銭 0円07銭
契約電力2kW 60円07銭 0円53銭 0円13銭
契約電力3kW 90円09銭 0円79銭 0円20銭
契約電力4kW 120円13銭 1円05銭 0円27銭
契約電力5kW 150円16銭 1円32銭 0円32銭

(注1)九州電力送配電株式会社の託送供給等約款により算定したものです。

(注2)電気料金に含まれる送配電ネットワーク利用料金相当分を再掲したものであり、参考値です。

(注3)離島ユニバーサルサービス調整は加味しておりません。

(注4)託送料金相当額には法律で定められた賠償負担金相当額(注5)および廃炉円滑化負担金相当額(注6)を含みます。

(注5)賠償負担金相当額とは、福島第一原子力発電所事故以前から原子力損害の賠償のために備えておくべきであった費用に相当する金額です。

(注6)廃炉円滑化負担金相当額とは、原子力依存度の低減というエネルギー政策の基本方針の下、原子力発電所を円滑に廃炉するための費用に相当する金額です。