ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

送電線・配電線

  • このリンクをシェア
  • ツイート

離島ユニバーサルサービス調整単価

離島ユニバーサルサービス調整制度
 平成28年4月以降、一般送配電事業者は、需要家保護の観点から離島の需要家に対するユニバーサルサービスとして本土並みの料金水準で電気の供給を行なうことが義務付けられています。
 離島のお客さまにお届けする電気は主に火力発電によるもので、この火力燃料費にかかる変動を託送料金に反映して、全てのお客さま(本土・離島)から回収する仕組みを離島ユニバーサルサービス調整制度といいます。
 離島ユニバーサルサービス調整単価は、3か月間(調整を行なう月の5月前から3月前)の離島平均燃料価格が52,500円/キロリットル(平成28年4月実施の託送供給等約款の前提となっている原油換算燃料価格です。)から変動した場合、その変動分に応じて託送料金を調整した単価です。