事業概要

  • このリンクをシェア
  • ツイート

八丁原・大岳発電所

航空写真

発電所の紹介

八丁原発電所のある九重町は、大分県の南西部にあり、東と南を阿蘇くじゅう国立公園の九重連山、西側を耶馬日田英彦山国定公園の山々に囲まれています。
町内には多くの温泉があり、なかでも筋湯温泉は最大の規模を誇っています。
紅葉の名所として定評のある九酔渓をはじめ竜門の滝、瀬の本高原や牧の戸峠などの観光地も点在しており、四季おりおりの風景が楽しめます。
八丁原発電所は、わが国最大の地熱発電所で1977年6月に1号機が、1990年6月には、2号機が完成しました。九州では、大岳発電所(1967年8月完成)についで2番目、全国では5番目に完成しました。
発電所の運転や計器の監視は、約2キロメートルはなれた大岳発電所からおこなっています。
国内初の事業用地熱発電所である大岳発電所は、設備の老朽化のため発電設備の更新を行い、2020年10月に営業運転を開始しました。

発電所の概要


大岳発電所 八丁原1号機 八丁原2号機 八丁原バイナリ―
運転開始年 1967年8月
(2020年10月発電設備更新)
1977年6月 1990年6月 2006年4月
出力 13,700kW(注) 55,000kW 55,000kW 2,000kW

(注)2022年度中の系統連系工事完了後、14,500kWに出力増加予定

見学申込先

〒879-4912 大分県玖珠郡九重町大字湯坪字八丁原601番地