ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

企業・IR情報

  • このリンクをシェア
  • ツイート

名瀬発電所66kV No.3主変圧器運用開始について

平成24年5月18日
九州電力株式会社


名瀬発電所66kV No.3 主変圧器運用開始について


 名瀬発電所66kV No.3 主変圧器ブッシング損傷により、平成24年2月2日(木)に「奄美大島中南部停電」が発生し、同主変圧器については、5月中旬の復旧を目途に、修繕を行うこととしておりました。
(平成24年2月14日にお知らせ済み)


 このため、同主変圧器を製造会社工場に持込み、損傷部位の取替え・点検を実施し、本日、現地据付及び社内の健全性確認試験が終了したことから、平成24年5月18日(金)17時00分より運用を開始しましたのでお知らせいたします。


以 上


(参考)
 [名瀬発電所66kV No.3 主変圧器概要]
  o 設置場所:名瀬発電所 屋外変電所内(鹿児島県奄美市名瀬小浜町)
  o 定格容量:20,000 kVA
  o 定格電圧:1次 66,000 V / 2次6,900 V
  o 製造年月:1990年5月