ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

企業・IR情報

  • このリンクをシェア
  • ツイート

小丸川発電所

建設中の発電所のご案内

九州電力では、平成11年2月から小丸川発電所(純揚水式発電)の建設を進めてまいりました。

平成23年7月に最終号機である2号機の営業運転開始により、全4台(最高出力120万kW)での発電が可能となりました。

揚水発電は、需要の変動に対する出力調整に優れ、短時間での運転・停止が可能なため、ピーク供給力及び緊急時対応用の電源として、重要な役割を担っています。



[運転開始時期]
平成19年7月(4号機) 30万kW 平成22年7月(1号機) 30万kW
平成21年1月(3号機) 30万kW 平成23年7月(2号機) 30万kW

A.大瀬内ダム(上部ダム)

A.大瀬内ダム(上部ダム)

ダムの長さ166メートル、高さ約66メートルのアスファルト全面表面遮水壁型ロックフィルダムです。有効貯水容量は560万立方メートルで、この水を全部使うと120万キロワットの電気を約7時間にわたり発電することができます。

B.ポンプ水車

B.ポンプ水車

水の力で回転して発電します。逆回転することで上部ダムに揚水します。

C.地下発電所

C.地下発電所

地下約400メートルにあります。この中に発電電動機を4台据え付け、発電や揚水を行います。

D.開閉所

D.開閉所

50万ボルトの送電線と発電所とを連結しているところです。発電した電気を送電線や配電線を通して、工事や各ご家庭に送ります。

E.地下発電所

E.石河内ダム(下部ダム)

ダムの長さ185メートル、高さ約48メートルのコンクリート重力式ダムで、有効貯水容量は上部ダムと同じ560万立方メートルです。


揚水発電所の仕組みと役割 揚水発電では、夜間の電力で下ダムの水を上ダムにくみ上げ、昼間は上ダムから水を流して地下の発電所で発電しています。また、一般の水力発電同様に起動停止が迅速に行える点も特徴です。こうした特徴を生かし、当社では揚水発電をピーク時及び緊急時対応用の電源として、全発電設備の10%程度を目標に開発を進めています。小丸川発電所建設前、当社には115万kWの揚水発電があり、揚水構成比は全発電設備の5%程度でしたが、小丸川発電所を建設することで、平成23年度頃の揚水構成比は10%程度となる見通しのため小丸川発電所120万kWの開発は必要です。