ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

企業・IR情報

  • このリンクをシェア
  • ツイート

大山川で放流量を昼夜で変化させる社会実験を行います。

 筑後川水系筑後川(大山川:大分県日田市)の河川環境改善の社会実験のため、大山川取水堰(維持流量放流設備)より昼間に通常より毎秒約1立法メートル多く放流を行います。
 昼と夜で河川の水位が変化しますので注意してください。
実施期間 平成28年1月20日(水曜日)~3月17日(木曜日)〔土日祝日を除く〕
放流量 昼間(9時~17時):毎秒2.9立方メートル(毎秒1.1立方メートルの増加)
夜間(17時~9時):毎秒1.8立方メートル(これまでと同様)
水位上昇区間及び水位の変動 水位上昇区間:大山川(大山川取水堰~概ね大宮沈橋)
水位の変動:場所によって最大10センチメートル程度上昇
実施主体 三隈川・大山川河川環境検討会
(構成メンバー:水郷ひた再生委員会、国土交通省筑後川河川事務所・筑後川ダム統合管理事務所、大分県、日田市、九州電力株式会社大分支社)