ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

企業・IR情報

  • このリンクをシェア
  • ツイート

海外電気事業の取組み

 海外電気事業については、これまで国内外で蓄積した技術・ノウハウを活かし、市場の成長性が高いアジアを中心に、IPP事業を軸に展開していきます。
〔2030年の発電事業持分出力目標:500万kW(2017年時点:153万kW、2021年時点:240万kW)〕
 IPP事業とともに、海外コンサルティングも海外電気事業の重要な柱として、積極的に推進します。
 また、2017年4月より、当社グループの海外事業推進体制については、九州電力株式会社国際室がグループ外を含めた戦略的ネットワーク構築等を行い、株式会社キューデン・インターナショナルがIPP等投資事業と海外コンサルティングの推進主体となりました。

IPP事業
世界地図 3 5 8 1 2 4 6 7
1.フィリピン イリハン・ガスコンバインドサイクルIPP
イメージ写真
国産燃料を使用するものとしてはフィリピン最大となる発電事業をおこなっています。
詳細はこちら>>
2. メキシコ トゥクスパン2号・ガスコンバインドサイクルIPP
イメージ写真
海外における発電事業では初めての「オールジャパン」プロジェクトを実施しています。
詳細はこちら>>
3. ベトナム フーミー3号・ガスコンバインドサイクルIPP
イメージ写真
フーミーは、ベトナムでの外資による発電事業として、最初に営業運転を開始したプロジェクトです。
詳細はこちら>>
4. メキシコ トゥクスパン5号・ガスコンバインドサイクルIPP
イメージ写真
トゥクスパン2号に隣接する5号は、当社が検討段階から計画に参加し落札した、初めてのプロジェクトです。
詳細はこちら>>
5. シンガポール セノコ・エナジー社(電気事業)
イメージ写真
当社で初めて、海外の電力会社を買収した案件です。
詳細はこちら>>
6. 中国 内蒙古・風力IPP
イメージ写真
中国において日系企業が参画した初の風力発電プロジェクトです。
詳細はこちら>>
7. 台湾 新桃・ガスコンバインドサイクルIPP
イメージ写真
台湾において当社初となるIPP買収案件です。
詳細はこちら>>
8.インドネシア サルーラ・地熱IPP(一部稼動建設中)
イメージ写真
世界最大級の地熱発電プロジェクトです。
詳細はこちら>>

海外コンサルティング
 当社は、国内外の電気事業で培った技術力とノウハウを活かし、海外コンサルティングに取り組んでいます。グループ会社をはじめとし、専門性の高いパートナーと協力し、電力マスタープラン、石炭火力FS、火力発電設備診断/効率改善、水力建設調査、変電所建設仕様検討、環境・省エネ等、幅広い電力・エネルギー分野を対象に、19カ国・地域において、68件実施しております。
 当社は今後も海外コンサルティングを推進し、各国の電力安定供給、環境・省エネに貢献していきます。

国際交流活動
【海外電気事業者との交流】
 当社は、海外の電気事業者(10カ国・地域の14機関)と交流協定を締結し、社員の相互派遣や経営・技術情報等の交換をおこなっています。特にアジア諸国の電気事業者に対して、当社が保有する設備の建設・運用・保守に関する技術やノウハウの移転等を通じた国際貢献、並びに当社の海外事業展開につながる情報収集を実施しています。