ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

発電

  • このリンクをシェア
  • ツイート

再生可能エネルギー

再生可能エネルギーのイメージ

九電グループの取組み

 九電グループは、国内の地熱発電の4割以上を占めるなど、積極的に再生可能エネルギーを導入しており、設備保有量では日本3位(注)です。

(注)水力発電を除く

上位10社の設備量(水力除き)2020年2月末時点

(万kW)

  事業者名 太陽光 風力 地熱 バイオマス 合計
東京電力
(ユーラスエナジー含み)
28 80 108
電源開発
(ジェイウインド含み)
54 54
九州電力
(九電みらいエナジー含み)
22 15 52
中部電力
(シーエナジー他含み)
28 17 5 50
オリックス 49 49
パシフィコ・エナジー 38 38
京セラ(TCL他含み) 36 36
SBエナジー 31 31
日本再生可能エネルギー 31 31
10 コスモエコパワー 25 29

(注)電力調査統計(資源エネルギー庁)をもとに作成〔出資発電所の設備量を計上〕

今後も、2030年における再生可能エネルギー開発目標500万キロワット(持分出力250万キロワット)の達成に向け、九州はもとより、九州域外や海外でも再エネ開発を拡大していきます。

九電グループの再生可能エネルギーにおける発電設備の概要や導入実績、取組みなどをご紹介します。



九州電力データブック