ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

発電

  • このリンクをシェア
  • ツイート

九電フライアッシュ(フライアッシュ)

フライアッシュとは、石炭火力発電所で微粉炭を燃焼した際に発生する石炭灰のうち、集塵器で採取された灰のことを指します。
採取された灰は分級工程を経て細粉・粗粉に分けられ、品質試験を行いサイロで貯蔵、管理された後出荷されます。

フライアッシュの採取工程から出荷までの流れ

フライアッシュの採取工程から出荷までの流れ図

フライアッシュの化学特性

ポゾラン反応を表した図フライアッシュは、シリカ、アルミナを主成分とした球状の微粉で、セメントに混合すると、セメントの水和反応の際生成される水和物(水酸化カルシウム)とシリカやアルミナが徐々に反応(ポゾラン反応)し、コンクリートの耐久性や水密性を高めます。


一般的フライアッシュの化学組成 (石炭灰ハンドブックより)

化学組織 SiO2 Al2O3 Fe2O3 MgO CaO
フライアッシュ 40~75% 15~35% 2~20% 1~3% 1~10%

フライアッシュの物理的特性

フライアッシュは、その多くが10~30μm程度の球状です。
そのためコンクリートやモルタル施工時の流動性が良くなり、ワーカビリティーが向上すると共に、填隙性が良く仕上がり面が滑らかで美しくなります。

ポゾラン反応を表した図
九電フライアッシュの写真

フライアッシュの特質と利便性
フライアッシュの未来と可能性

【お問合せ先】
九電産業株式会社 資源リサイクル部
郵便番号:810-0004
住所:福岡市中央区渡辺通2丁目1番82号(電気ビル北館3階)
電話番号:092-761-4463
ファックス:092-713-9082