ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

企業・IR情報

  • このリンクをシェア
  • ツイート

たくさんの種類の木々


 九州ふるさとの森づくりでは、多くの場合、自然の森をつくるために、その土地に応じたたくさんの種類の木を植えます。
 それは、自然の森には高い木や低い木、実のなる木や美しい花を咲かせる木、秋に紅葉する木などたくさんの種類の木が混ざっているからです。
 また、たくさんの種類の木のほか草や昆虫、鳥や小さな動物たちなど多くの生き物が住んでいます。このような自然の森を早くつくるために、これらの多くの種類の木を混ぜて植樹しています。


ここでは実際に植樹している代表的な木を紹介します。木の名前をクリックすると詳しい紹介のページに移動します。


アカガシ アラカシ イチイガシ イロハモミジ ウバメガシ
ウラジロガシ クヌギ クロガネモチ コナラ シラカシ
シロダモ スダジイ タブノキ ツブラジイ ネズミモチ
ヒサカキ マテバシイ ヤブツバキ ヤブニッケイ ヤマザクラ
ヤマボウシ ヤマモモ